2017年01月17日

上位表示されてるものが良いものではない!

最近のネット!
おかしな事ばかり!と思いませんか?
子供の脱毛症で、調べ始めた9年前は、
未だ検索すれば、それなりの情報が出ていました。

今は、もう駄目です!
欲しい情報は出ずに、広告費を払ったものや、異常なSEOがされてる?
一度検索した商品が何度も出るし!
もう、見る気になりません。
それでも、何かと必要で使いますが・・・・。

ある会社のサービスを調べようと検索すると
全く関係ないサイトが沢山出てきます。
”その会社名”に関係した広告!
そんな感じ出ててきました。
affiliateで何千、何万とサイトを作るツールがあるそうです。
それを許している検索会社。

上位に表示されるものが売れるそうです。
1位、と2位では大違い。1位は、2位の5‐10倍売れる?
その為に、ゴミの様なサイトを量産する?
広告費を払えば、直接販売してない人でも商品の宣伝が出来る。
それを見た人が買えば商品代金の5-10%を何の苦労もなく得る。
そこで、広告を載せたサイトが、大量に作られる。
一般の人は、訳のわからないサイトが、目に入って困る。

お買い物をするとき、良質な商品を生産している会社から
買いましょう。会社名に”ホームページはここ”と矢印があっても、
責任ある会社でないことが多いです。ただの広告です。

ネットでの買い物は便利ですが、最近シャッター通りと
呼ばれる商店街が多くなったと思いませんか?
地域の安全や地域の活性化を考えるなら、
地元のお店で、買い物をし、生産者に還元できる買い物を考えましょう。

ネットの情報は、作り上げることができます。
先日のネバーまとめの事件もそうです。
何でも書いてある大きなサイトを作って多くの人を呼び込みます。
それが、上位に表示されているとしても、数の力、広告の力であり、
本当に良いものではありません。

消費者の賢い判断が必要です。
それが良いものか?求めているものか?
正しく判断して行きましょう。

病気に関しても同じです。

9年前だったから真実が解りました。今だったら出来なかったでしょう。
沢山有った脱毛症のサイトも閉鎖されています。
”脱毛症の子供がいます”というサイトもありました。
沢山のお母さんたちが、意見を書いておられました。
このブログにコメントを下さったゆうこさんは、辛うじて間に合いました。
ちゃんと読んでこの病気の治療法がないことに気付かれたと思います。
沢山の療法について、民間療法についても記述があり参考になりました。
皆さん、あれこれ挑戦されました。しかし、良い結果は得られませんでした。

当時でも、日本のサイトに良いものがなく、
英語で調べるとNAAFやBADの有益なサイトが出て来ました。
それで、やっと理解できたのでした。

現在、どの様になっているのか?
あなたの知り合いにも脱毛症の方がおられるなら
伝えてください。
英国皮膚科医協会BADの治療第一選択肢は、"no treatment"
であるということを。NAAFアメリカの患者会も”治療法は、無い”と
”病気が病気をoffにした時に治る”と伝えていることを。

ネット上の情報は私たちを正しく導いてくれるものでは、ないようです。




続きを読む
posted by ららららら at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

にきび君!出てきてくれてありがとう!

病気の始まりが、幼い時の湿疹だと感じています。
その時に、ステロイドを使ったか?使わなかったか?
「大丈夫、そのうち治るさ!」と考えるか?
すぐに皮膚科に駆け込むか?

同じことが、思春期の”にきび”にも言えます。
私の思春期にもにきびが出ました。
今だけのものではなく、昔からありました。
親が管理していた食から離れて、自由におやつや食事を楽しんだ。
そんな時に、現れていました。

その昔もにきび専用の薬がありました。
現代でもコマーシャルが流れています。

そんな時に、薬に飛びつくか?
「にきび君、出てきてくれて、ありがとう。」
「チョコレート食べ過ぎたかな?からあげ?」
と、反省して油脂の採りすぎに気をつけるか?

そこが、分かれ道のような気がします。
16歳で有名になったあの方の”にきび”が気になっていました。
6年以上経った今でも治ってないなと思うと、
「薬を継続して使っている?」
「心配だな。」
と感じる今日この頃です。

便利な世の中ですが、薬が何でも解決してくれるのではない。
できるだけ、不要なものは大切な身体に入れないようにしましょう。

外用薬だって同じです!使わない!

そうすれば、後々も、元気な身体を維持できます。


posted by ららららら at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする