bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2017年10月27日

治療は、良い結果を生みません!

最近、SADBE治療についての記事へのアクセスが多いと感じます。
治療に対して疑問を持って来られた人たちでしょうか?

危険な治療が行われています(2009/07/01)の記事では、
危険な免疫抑制剤を勧める医師の存在を。

かぶれ治療?局所免疫療法?流行っていますね!(2009/05/13)
では、幼い子供にもステロイド内服やSADBE治療が行われてきたことを
伝えてきました。

それでも、未だにSADBE治療を行っている人が多いのに驚きます。
日本の皮膚科学会のガイドラインの評価が良い治療(B評価)は、
ステロイドの頭部への注射と局所免疫療法(SADBE治療)だから
でしょう。が、皆さんのその後を調べるとそれを選ぶべきか理解できるはず。

アメリカでは、局所免疫療法は行われていません。イギリスでも
no treatmentが第一選択肢としてBADのガイドラインにあります。

SADBE治療を進めて来られ、もうすぐ完治か?と思って来た人も
長い髪で脱毛部を隠せていた人も、治癒していない様です。
ステロイドパルスを行った人もそうです。

そして、民間療法が良いと言っておられた人も、ブログの記述を
削除しておられます。エキシマライトで完治したというかたは、
長い間ブログを更新されていませんでした。最近、一つ脱毛が出来たと
記事を書かれています。それが意味することは?

脱毛は、危険物質の排泄に関係していると思えます。
治癒は、それが完全に行われたその時です。
NAAFは、”病気それ自身が、病気をoffにした時、治癒する”と言っています。

何が正しいか?しっかりとした目で見つめるなら、誰でも理解できるはずです。
権威に踊らされないことです。
丁寧に、治療している人のその後を見て行きましょう。

大企業の偽りが明らかにされつつあります。
大規模な広告、宣伝は、人の目を眩ませます。
知らない内に洗脳してしまうmoneyの力を見抜く力が必要です。
確かめて確かめることが必要です。


早く、理解して、危険な治療を止める事お勧めします。
無治療が、安心で、危険の無い一番の方法だとの考えを
更に深めています。







posted by ららららら at 23:11 | Comment(2) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

気になる本を読みました。やっぱり!

新聞の広告に気になる本を見つけることがあります。
買うか?買わないか?
宣伝文句に踊らされたくないな!
そう思って、しばらく忘れることもあります。

たまたま、機会があって、気になる本を買いました。
それは、眼科の医師が書いたものでした。
日本の医療の残念さが書かれていました。

あんなに元気だった方が急に亡くなったり、
医療には納得できないことが沢山ありました。

殊に、子供の脱毛症では、皮膚科に対して不信感を覚えました。
今回は、眼科でも同じことが言えること。
学会を主導している人々の中に英語が解らず、
最先端の技術を否定する人もいること。
を知りました。

何の意味も無い治療をしないように!
かえって身体を傷つける治療があることを
理解すべきことを再度伝えたく思いました。

老化に伴い目が悪くなります。
白内障は老化で避けられない症状だそうです。
それでも、手術で良い状態に持っていける。
うちの母も昔手術をして良くなったと言っていました。
その手術が本物だったかわからないですが?
医療全体に不信感を抱いていた私には、眼科の手術の進歩
について、よく理解できていないのですが・・・。

本物の技術を持っている眼科医は、ほんの一握りだそうです。
そして、網膜剥離になる可能性は多い。
スポーツで、ボールが目に当たったり、アトピーで目を掻いたり。
はさみが目に当たったり、
様々な機会に網膜剥離になる可能性があります。

そんな時に、どこの眼科に行くか?
大学病院は、演習施設?なので失敗は仕方ない許される場?
よくよく調べて、最良の場所を見つける。
どこでも良いと思わないことが大切。

特に何でもない網膜剥離の手術を失敗し
次々に手術を繰り返すことがあるそうです。

失明と言うことがある世界。

簡単に考えないことが大切。
本物を見つける事。

日本には、沢山の残念な事例があるそうです。
最初から良い治療を受ける。
慎重に行動する必要を感じます。


円形脱毛症の方の多くがブログを書いておられます。
ステロイド内服やかぶれ治療・・・・・。
残念に思うことがあります。

権威ある病院でも残念な治療があります。
よく見極めて!

我が家は、英国皮膚科医協会BADが第一選択肢とする
無治療no treatmentを選びました。
2003年のガイドラインから基本的考えは変わっていません。
2012年に改定されたものも基本同じです。
私は2007年に調べました。
みなさんもご自分で調べてみましょう。
google翻訳もあれば、ネット上の辞書もあります。

no treatment なら、何の副作用もありません。
娘は治癒して既に9年経ちます。
ネットに載せられている医療情報や人々の行動を残念に思って、
未だに情報発信しています。
一人でも、真実を知って欲しいと。

みなさんにも良く調べて、よく考えて、無治療を選ぶことをお勧めします。




posted by ららららら at 11:35 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン