2017年05月02日

円形脱毛症の基本U BAD(英国皮膚科医協会)とは?


いつも円形脱毛症に関して参考にしているサイトBADについてお知らせします。


(なぜこんなに沢山の患者がいて、ただ、言われるがままに治療しているのか?
いつも残念に思っています。)

(「日本では、まだ医師が信頼されているのですね。」
と、医療系の質問箱に載せられていて、医師の答えがこうなっていました。
「そうか、みんな信じているからだ!疑問を持つことをしていないから。」)

(徹底的に調べて「本当に治った人がいるか?」「5年後10年後はどうか?」
で、判断すべきなのに一時的効果だけで治療する人が多いのですね。
まずは、疑ってみて治療しないと!身体は一つしかないのですよ!
間違ったら一生影響があるのですよ。)

娘の発症で必死で調べました。納得できる記事を探していました。

日本語のサイトに良いものが無かったために、英語で調べて出てきたのがBAD。

British Association  of Dermatologists 英国皮膚科医協会

英国は、日本や米国と違って、医療費は無料です。そこで、経費節減のために
no treatmentを推進しているの?と疑ってみたこともあります。
しかし、いろいろと調べて信頼できる組織と感じてきました。

BADの円形脱毛症ガイドラインは2008年に調べ出てきたものが基本でしょう。
(2003年ガイドライン?2008年のものが有ったと思っていましたが?
確認しました。2003年のものです。2007年にもその資料が使われている。
定期的に見直されて2012年のものもあります。
2016年にもアクセスし今も覗いてみましたが、2012年と変化が無いのでしょう。
2016年ガイドラインは出されて無いように見受けます。
あなたも、ご自身で読んでみて下さい。
(GoogleでBADで検索して出てくるページを次々見て行きます。3ページ?
4ページ目には出てきました。クリックして出てきたサイトの検索boxに
Alopecia Areataと入れるとガイドライン2003と2012が出てきます。)


発症から1ヶ月で娘から電話連絡があり病院に行くまでの1−2ヶ月で方針を決定。
 no treatment!
こちらのガイドラインが見つからなかったら?と思うと
ぞっとします。本当に納得いく内容で治療方針を決定できました。



このブログにもその内容を書いています。左上の検索boxにBADと入れると
関連した記事の概要が出ます。クリックして全体を読んで下さい。

BADの円形脱毛症治療ガイドラインの第一選択肢がno treatmentです。


・かぶれ治療も一時的には効きますが、使用されてる物質を考えると
 No.でしょう?
・ステロイドも一時的に免疫の暴走を抑えますが、体に入れると?
 膠原病の治療に大量に使われていますが、患者さんのその後を見ると?
 Noです。
・紫外線の治療もありますが、長期には有効ではありません。
 (一時的な効果がある為に、研究が長年されてきましたが・・・)
 紫外線を避けるように!との世界的な動きが何を意味しているか?
 機器の開発や販売を推進している側の考えが一方には必ずあること。
 患者の体の安全を考えての見方は、対極にあるのでしょう?
 他の危険な薬を入れずに、紫外線治療をしているならno treatmentに
 近いものとなっていて、効果ありと見えることもあります。
 長期の結果を見ましょう。ブログを長期に更新しないかたもいます。
 過去の記録を削除してしまった方もいます。その意味するところも考えて!



よく考えて行動して行きましょう。
no treatmentは、副作用など心配することの無い有効な治療です。
原因を考えてみましょう。体に入ってしまった不適切なものがあるなら
運動をして排泄を促していきましょう。
ウイッグは廉価なものも沢山あります。今日はロング、明日はショート。
帽子も服装も様々に変化させて、楽しみましょう。





posted by ららららら at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

円形脱毛症の基本!

いろいろと書いてきましたが、基本は一つ。

この病気に治療法は無い。

NAAFNational Alopecia Areata Fund(アメリカの円形脱毛症患者会)
には、病気が病気をoffにした時に治るとあります。

今までNAAFには、こう書いてあると記述していましたが
それ何?との意見をいただきました。
そこで、NAAFについて少しお伝えしたいと思います。

今まで、この組織から、様々に学んできました。
娘が罹患した時に、日本語の良い情報がなく英語で調べた時
直ぐに出てきた名前です。
googleで円形脱毛症"Alopecia Areata"と検索して
出てきました。BADも同じで早い段階で出て来たものです。

こちらは、始めは患者の家族が作られた組織のようです。
私が調べ始めた10年前には既に50億円の運営費を持つ組織でした。
今では、その10倍?100倍?よくはわかりませんが・・・。

その内容を全体的に眺めると、様々な側面があります。
治療研究への資金提供もあります。
病気について知らせるビデオ、ウイッグ等の販売もあります。
子供との接し方、学校での対応の仕方等々の記事も有益です。
(このブログの前半には許可を取って良い記事を記載させてもらっています。)
スポンサーも沢山あるようですし、日本と違って個人での寄付も
かなりです。患者自身が寄付することが求められている様です。
(誕生日パーティやジョギング大会を主催して
人々からお金を集めることなど方法も教えていました。)

時には、ある機器の治療が勧められている?と感じて、
営業的側面を強く意識することもありました。
が、同時に、治療法は無く病気がoffになる時治るとの記述があるのです。
30代、40代と年齢が上がるほど治りやすいことも伝えていました。
沢山の人々が運営しており、その考えや動機は様々、複雑ですが、
全体像を捉えると、大切な基本的事柄が見えてきます。

治療法は無い。

かぶれ治療(局所免疫療法)は、アメリカ全土で適用されません。
ともあり、一時的には、効果があるこの治療法を選んではいけない
事も知りました。

皆さんも、この病気の全体像を掴んで、自分は何をすべきか考えて
下さい。この10年、多くの方の治療やその後を追ってきましたが、
治療法は無いと言う考えは正しいと感じています。
長期に安全な治療を求めましょう。一時的な効果は意味がありません。

no treatmentで、危険な薬剤を身体に入れないこと、
食べるものにも少し注意を払ってみましょう。
間違って入ってきたものの排泄を促す為に運動をすることも
お勧めします。




posted by ららららら at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

円形脱毛症は、無治療がベストです!ステロイドパルスは、no!

先日もコメントをいただきました。

産後の脱毛症のかたです。

病院でステロイドパルスを勧められた。
幼い子供さん2人を置いて1週間家を空けられない。
ステロイドに対する抵抗もある。
どのように判断したらよいか。

と言っておられる。
なぜステロイドパルスを勧めるのか?
勧める病院が多いのですね。
(それは、医療者の側の経営的都合からでしょう?
入院して大量の投薬。)

しかし、円形脱毛症には長期に有効な治療などありません。
一時的に効果のあるものはありますが・・・。その後抜けます。
日本では、ある病院の報告が評価されているのでしょうか?
脱毛症になったばかりの人を集めた調査です。(発症後半年以内)
かなりの発毛率ですが、治療後の追跡調査報告も見られません。
FDAの記録では、
「円形脱毛症は、何もしなくても9割が自然発毛する。」とあります。
そうであれば、無治療が一番。

ステロイドの大量投与は、体に対する負担はとても大きいです。
膠原病のかたのブログなどを読んでみましょう。
その副作用は、凄まじいものです。
円形脱毛症で使われる量は少ないですが、その後の病の原因に繋がりませんか?

ご自分でよく調べましょう。
ただ、言われるがままに、鵜呑みにしないこと。
(ステロイドパルスを行ったかたもブログに書いておられます。
たくさんの例から統計的に見てみましょう。)
(受けたい病院の治療法が何なのか?
日本の学会、アメリカの学会、BAD英国皮膚科医協会のその治療の評価がどのようか?)

簡単に治療しないことをお勧めします。
posted by ららららら at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

情報過多の時代の円形脱毛症

インターネットを開くと、良い情報はなかなか見当たりません。
日本の医療の特殊性もあるでしょう?
国民皆保険?
いくらでも薬を出せます。

家族が風邪で病院に行きました。
6種類の薬を貰ってきました。
細菌の感染を抑える薬?
痰のきれをよくする薬?
咳を鎮める薬?
痛みや炎症を抑える薬?
炎症を和らげる薬?
胃の粘膜を保護する薬?

身体に入ってきた細菌などの悪いものを出すために
痰や咳が出るのではないのでしょうか?
細菌と戦えば熱や炎症も起きるのではないでしょうか?
それを抑える?
そんな薬で胃を傷める?そのための薬?


”収入を得るためには何でもいくらでも出します。”
そんな風に受け止められるくらいに
薬を提供されます。

以前記事にしました。

もっともっと昔?55年位前?
東京オリンピックの頃。
日本では、風邪を引けば注射がされていたそうです。
何でも注射をしていた時代。
当時は、健康保険で本人はただ!
家族もただ?はっきりはわかりませんが・・・。
今ほどお金が必要ではありませんでした。
労働者人口が多く、健康保険も大きく黒字でした。
健康保険を使わなかった人へは、健康保険組合から
何かプレゼントがありました。
風邪でも何でも注射がされていましたが、
臀部の注射が多かったようです。
子供さんの臀部の筋肉萎縮が多数起き、
注射そのものも見直されて行った様に思います。

そんな時にオリンピックの開催が決まりました。
新聞では、こんな話題が繰り広げられていたそうです。
"海外では、風邪で薬が処方されることはないとか?"
"注射なんて殆どしない?”
”選手が、風邪を引いたときにはどの様にしたら良いのか?”

その頃から、注射は、しなくなって行ったように感じます。
一時的には薬の量も減って行ったような?

現在、収入を得るためには薬しかないのでしょう?
再診の点数が低く抑えられてるからでしょう?
きちんと問診して話を聞けば、ちゃんとした金額が支払われれば、
薬の処方も少なくなると思いますが・・・。

風邪でもこの有様ですから、
脱毛症となると、
皆さん、大量の薬を入れるのは当然と思うのでしょう?
でも良く考えて!

長い間、脱毛症のブログを書いている人の
治療や経過を注意深く調べましょう。
その治療が効果的なのか?

私の調べた人々は、治療に効果が見られなかった様に思います。
no treatmentの方やごく短期の治療で終えた方は、治癒した。
体力があり治療に耐え得た方もいた?
(その方の今が知りたいですが?その治療の影響を?)


ますます調べ難くなって来たインターネット。
間違った情報を瞬時に見分け捨て去ることができるか?
そんな私達の力量が試されています。
何が正しくて、何が偽りか?

常に考えながら行動していきたいものです。

一応は、皮膚科学会の見解を調べましょう。
日本だけでは、信頼できないので
アメリカ患者会NAAF,アメリカの学会、英国皮膚科医協会BAD
それから、最新科学の研究が蓄積されているPUB MEDも!
(PUB MED今では懐かしいですが、関連した記事を片っ端から印刷して
調べたものです。今必要な方は、そうするべきでしょう。)

私の結論は、原因を除く。原因物質が排出されるのを待つ。
それだけですから。治療や薬など要らない。
no treatment!
これ以上身体に負担を与えないことです。

タグ:情報過多
posted by ららららら at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

病院に近づかない!

現在の医療は、大きく間違ってしまっています。
もう修正出来ないくらいに。

ネットも何か変だなと思うことが多くありませんか?

経済力や変な操作で、何倍、何万倍も表示されることができる。
考えていないとそこに表示されたものが、
正しい良いものとして勘違いされ、信頼されてしまう。


以前記事にしましたが、

サワコの部屋のあの方と近藤誠さんの対談で言われていたのは、
”病院に近づかない”

medicalization=医療化=病気作り
が明らかになって久しいのに、
未だに医療に頼り切る人々。


あなたの目でよく見て判断できるようにしないと!
流されてしまわないで!

様々な病気がありますが、
円形脱毛症には治療法がないことは、解って来ました。
治療や薬で、体を今以上に痛めつけないで!

ステロイドを使う治療で膠原病になってしまった人々を
知っています。
少しの肌荒れや体調不良で安易に薬を使わない事です。
それは、不要なものが排泄されていたり、病原菌を戦うために
熱が出ているのかもしれません。

抗がん剤治療を行っている人は、脱毛するそうですね。
身体を害するものが入って、
脱毛と一緒に排出することが行われたのでしょう?

放射線を多量に浴びた原爆体験者や水俣病被害者。
髪の毛からそれら危険物質が検出されるとか。
毛髪が、不要なもの、身体に悪いものを排出するために役立っている?
そう身体の大切な機能がきちんと働いているんだ。
そう考えましょう。


安全を目指しましょう!




posted by ららららら at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

薬を飲まないで!

以前、若い女性の脱毛症についてこのブログに書いていました。

その人は、19歳くらいで脱毛症になり、病院に行ったら、
即、皮膚生検とステロイドパルスを受け入院。
その後しばらくは生えたが、すぐに脱毛。
かぶれ治療などしておられたが経過は芳しくなかった。

もう治療などしたくないと暫くは無治療だった様子でした。
そうそう無治療が一番!と陰ながら応援していましたが。

また、髪の毛が生えてきたと喜んでおられる。
病院の医師も驚いているくらいの回復ぶり」。
それは、とても喜ばしいことです。無治療だからこそ回復したと思ったんですが。
「これからは、薬をちゃんと飲みます。」との発言には、
「ダメダメ、薬は飲まないで!」と大きく叫びたい気持ちです。

なぜ、脱毛したのか?自分には何が関係していたのか?
よく考えて行動して欲しい。
ステロイドや女性ホルモンが関係していなかったか?
考えて!もう同じことを繰り返さないで!
治療の薬が、必要なものなのか?
今は、無治療の期間をもう少し伸ばすことが必要なのではないのか?
そう思っています。

どうか気付いて!
そう願わざるをえません。

追記
最近、その女性、久しぶりにブログを更新されています。
残念なことに、脱毛があちこちに出て来たようです。あのときの記述では治療を始められたようでした。
治療しなければ・・・?
(4/19/2017)

posted by ららららら at 17:48 | Comment(3) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

円形脱毛症は、無治療がお勧めです!

円形脱毛症に、無治療をお勧めしてきました。
今でも、やはりそうです

以前、ある紫外線治療エキシマで完治したと話題になっている方がいました。
その方ブログで完治したと報告、脱毛予防に漢方を使っている。
と伝えた後、ブログを長い間(6年?)更新されていませんでした。

しかし、最近更新されています。
髪の毛を維持できている事と少しの脱毛があることを示しておられるようです。
そして、適切な治療法が無い事も残念に思っておられる。
(この方の場合、慎重に調べて早急に動かなかったことが良かったのでは?
と思っています。)

日本での紫外線治療は、PUVAを始めとする紫外線UVAを使うものから、
紫外線UVB、その紫外線の波長を限定するnb-UVBそして、
更に波長の短いエキシマへと変化しました。
(その都度、高額な機器が登場し、個人病院にも広く導入されます。)
しかし、最近では、PUVAを含む紫外線UVAの治療へ戻っているように感じます。
短い波長の危険性を考慮したものと思えます。


何でもそうですが、全体像を捉えることが大切です。
過去の治療法や今の方法そして、安全性。
日本の学会や海外の見解を概観。
実際にその治療を行った方々のブログからその長期の結果を知る。
それから、判断します。



円形脱毛症に関しては、無治療がお勧めです。
勿論、ホルモン剤は、やめることです。
(花粉症の時のステロイドやピル不妊治療のホルモン剤もよく考えて決めましょう。)

英国皮膚科医の協会(BAD)の円形脱毛症治療の第一選択肢は、
no treatmentです。


posted by ららららら at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

かぶれ治療?局所免疫療法?

今、日本では、局所免疫療法が、積極的に行われているようです。
時々、様々のブログを覗きますが、かぶれ治療が多くなっているようです。
(ステロイドパルスが、関西地方では未だ多いようにも感じますが・・・。
ステロイドは、身体にに様々に影響するので、避けて欲しいと思っています。
ステロイドの頭への注射は、体験した人々の止めたら抜けるとの記述から
選択肢から外す人が増えました。)

先日も、日本皮膚科学会の円形脱毛症のガイドラインを確認しました。
部分的な軽度の円形脱毛症には、ステロイド局注がB評価。
全頭や全身性の脱毛症には、局所免疫療法がB評価とあります。

それは、英国皮膚科医学会BADのガイドラインやNAAFの記述とは異なります。
BADでは、全身性の脱毛症には、C評価で局所免疫療法が載せられてはいますが、
治療法に関しての記述の初めに、第一選択肢としてno treatmentが挙げられています。

NAAFでも「カナダやヨーロッパでは使われているが、アメリカ全土で使われていません。」
ときっぱりとした記述があります。FDAが認可していないからです。

かぶれ治療に用いられるSADBEやDPCPが人間の身体に入れる薬としての
チェックがされていない工業用の薬剤だからです。カナダでの治療では、
妊娠の可能性のある人には、避妊を前提に行うことが求められています。

若い人々は、治療法がこれしかないと選ぶようです。
確かに効果はあるのですが、漆のかぶれが慣れるようになる様に、かぶれなくなります。
その効果は、4−5年と長いのですが、その間かなりの量の工業的薬剤が身体に入ります。
4−5年治療しその効果で長い髪で脱毛部を隠していた方は、治療の限界が来たことを
ブログに書いておられましたが、その後、内容を全部削除されています。
副作用は、かぶれ、皮膚の乾燥、剥がれ、リンパの腫れ、白斑などの色素異常。

今、その実態を知る機会が失われて来ています。
過去の記事を注意深く調べることが必要です。

先日、DPCP治療を行っている方のブログに上の内容を書き込みました。
以前もそうでしたが、削除されました。しかし、そこにコメントを入れていた方
もいました。それを読んだ人に少しでも注意を喚起したいと思っています。
ここ2、3日、カナダのDPCP治療についての記事やSADBEの記事に
アクセス多くなっています。一応、正確な情報を伝えることが大切です。
その後の選択は、本人が行うしかありません。

残念ながら、正確な情報が不足しています。
上手くいかなかったことも伝えて皆が共有すれば、もう少し良い医療が
受けられるはずですが・・・。
posted by ららららら at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

やらないで後悔するより、やって後悔する!

円形脱毛症の方で、「やらないで後悔するより、やって後悔する。」と言う発言を見ます。
それは、本当に安全で長期に効果ありの治療があるのならば、良いことです。
しかし、そのようなものがない以上、訳のわからないものを身体に入れて
お金を使うことが、何をもたらすか?よく考えましょう。

何かしないと!と焦ることは誰でもあります。
ただ、それが、マイナスに働くことも多いのではないでしょうか?
20歳くらいの出来上がった体で最近発症したのであれば、
最近のステロイドなどのホルモン剤の使用を止めたなら、
完治する可能性は、大です。それ以上入れないことです。

幼いお子さんの場合は、その原因をよく考え、時間がかかることを
覚悟して、人目に付かないように、ウイッグを準備するなどしましょう。
沢山の方が、ブログを書いておられます。それらを、統計的に把握するなら、
様々な治療や薬、民間療法、などは行わない事が最適な対処の仕方だと
わかるでしょう。

それを仕事とする人々は、あの手この手で誘ってきます。
一見、安全に見えるものでも、新陳代謝の盛んな幼い体には、
マイナスな場合もあります。

漢方やプラセンタなどが、今の流行りでしょうか?
それで、良い結果が出ている方に会いましたか?
本人の経験についてブログに書いている人がいますか?
良く調べて!体にとってマイナスなものを入れないことは、
とても大切なことだと思います。

何も治療しないことは、とても忍耐のいる事柄です。
何かを行う方が楽です。しかし、安全で効果が長期に続くもの
でなければ、何の意味もありません。

沢山の経験から、賢い決定を行って欲しいものです。



posted by ららららら at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

円形脱毛症に長期に効果的な治療法は、ありません!BAD?

すぐに治療を始める人が多いことを残念に思っています。

そこで、今日もBAD英国皮膚科医協会の円形脱毛症のサイトを
見ました。基本2012年に記載された事柄と変わっていません。

私が、初めて見たのは2008年の治療ガイドラインでした。

4年ごとに更新されてる?様子でした。2016年も会議は
行われているようですが2016年のガイドラインとして
新たに発表があるのか未だわかりません。

その度に記事にしてきました。

長期に有効な治療法がないことがずーと書かれて来ました。
それぞれの治療ごとに丁寧に、率直に。

皆さんも読んでみて下さい。
ネット上の辞書を使えば、誰でもわかります。
「無闇に治療しない」と言う言葉が印象的でした。
緑で目立つように記載しました。


日本の病院や学会のガイドラインも調べましたが、残念!

一時的に効くステロイド局注などはあります。
しかし、膠原病などで仕方なくステロイドを使っている方々の
後遺症(骨折、特に大腿骨骨頭壊死など)を知ると、それは、
避けるべきことだと解るはずです。


様々に調べて、納得して、危険な治療は避けましょう!



タグ:効果 bad
posted by ららららら at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする