2016年05月06日

子供の円形脱毛症!気になること!

子供が円形脱毛症になったら、驚きますね。
慌てて、あちこちの病院に駆け込みます。
それも、当然です。

しかし、何が起こったのか?
子供の時に円形脱毛症を経験した方の記録を調べて、
自分に何が関係有るかを調べましょう。

小さな脱毛で留まっている場合は、最近のアトピー等の時のステロイドが、
関係するかもしれません。

8割以上の抜けの場合、もっと深い理由があるのかもしれません。
子供の円形脱毛症の場合、治り難い傾向にあります。
あれこれ治療せずに、ウイッグを準備して、目立たないようにしましょう。
目に付くとどうしても人は、あれ?と気にします。
悪気なしに、見てしまうのですが、当事者には精神的苦痛になります。

民間療法で治った?と思う方も多いですが、様々な例から見るとNOです。
一時的には、効くものがあります。一例としてステロイドがあります。
毛のうを攻撃している自己免疫を一時的に抑えることができるようです。
大量に使用した場合、副作用を考慮しなければなりません。
かぶれ治療に使われる薬剤は、FDAの認可がないために、
米国全土で使われていません。


病気が病気自身をoffにした時、治ったと言えるそうです。
offにしたのですから、だんだんと発毛し後退しないでしょう?
でも、我が家の場合、一度、足踏みがありました。
完全に生えたのに、小さなパッチが2つできました。

その後、順調に回復しました。繰り返すことはありませんでした。
発症した時に相談した「arkの小部屋」の方も、完治後8年間小さな円形もない
とのことでした。うちの場合も完治後そろそろ8年が経過しています。


次々、様々に治療を行っておられるのを見ると、残念だなと感じます。
将来的に悪影響を及ぼさないと良いのですが・・・。
民間療法?漢方治療?様々な形態があるようですが・・・。

安全なものを使っていると言っている場合でもその治癒の仕方から考えると
それが何か?考えないといけない場合があると思えます。
それを使って、長期に完治した状態を保ってい人がいるのか?
よく調べて、確認できてから行動を起こすべきです。子供の場合は特に。

ある方法で完治したと言った後、何年もブログを更新していない場合もあります。
(時々は、事後報告をすると記述してあったにもかかわらず。)
ほんの1、2分でできることを行わないのには、何か意味があるはずです。
その方法が良いと紹介したのであれば、読者に報告する義務も発生するのでは?
読者が、誤った行動を起こさないためにも、その後を伝えて欲しいものです。


長期に効果のある治療法は、現在ありません。
将来的に問題を抱えないことが、大切ではないでしょうか?
大人になった時に役立つ事柄(語学?ダンス?)に注意を向けたいと思いませんか?
経験者の経緯を良く調べて!(危険な治療が行われてきた事を伝えてきました!)

大切な子供さんの先の先をみつめて、行動してください! お願いします!

タグ:子供
posted by ららららら at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック