2015年12月16日

アトピーには、保湿剤!白色ワセリン!ヒルドイド?ビーソフテン?円形脱毛症にならない為に!

子供が、円形脱毛症になった時、原因を色々と考えて、アトピーや花粉症の時の

ステロイドと結論付けました。上の子の喘息も、アトピーの時のステロイドと

思っています。少ししか使っていません。(他に心当たりは無いですし、

副腎皮質ホルモン剤ですから、免疫を狂わせる可能性があると思えました。)



最近、アメリカの皮膚科アカデミーやBADのアトピーに関する資料を見ました。

基本、保湿剤をたっぷり使って、維持する事。ステロイドはできるだけ使わない。

入浴はしても、回数や温度に注意する。擦らない事。が述べられていたと思います。

(大人の場合は、仕事や家事で、手湿疹など起こさないよう職場での洗剤、薬剤の

使用にも注意し、手袋、食器洗い機などを用いる。転職も視野に入れる。)


我が家の体験から、子供さんの身体へのステロイドの影響は、大きく、後々、

問題が出て来ると思いますので、出来るだけステロイドを使わないで欲しいです。


(以前、子供の円形脱毛症の掲示板で円脱のステロイドは、使わないようにするが、

手湿疹だけは、手に負えないと言っていたお母さんを思い出します。この時に、

白色ワセリンを紹介できたのか?もう、思い出せないのですが・・・。)


我が家では、アトピーの時、保湿剤は処方されていません。当時は、ステロイド剤

だけの処方で、クラスには、喘息になる子が沢山いました。


整形外科の夏木先生がおっしゃっていたように、薬は白色ワセリンが、

良いと思います。更にそれを精製したプロペトがあります。使い易いようです。

その上、更に精製した物に、サンホワイトがあるようです。(不純物が少ない⇒

刺激が少ない この様に言えるらしいので、使てみましょう。)


人によっては、ワセリンは使いにくいと思っておられるようですが、

一般的な処方は、白色ワセリンのようですから、更なる精製がされているものを

試してみる価値はあるでしょう?手で良く伸ばして、載せるだけという

使い方が良いようです。(擦らない!)ワセリンは、保湿剤と言っても、

油で蓋をして水分を保つだけのものです。水分の蒸発を防ぎます。酒さ様の

赤くなった皮膚にも傷のついた肌にも使える、安全性で優れています。


ヒルドイドは、50年以上前から使われているヘパリン系の保湿剤です。長年、

問題の起きていない信頼のおける保湿剤の様です。そして、そのジェネリック

として、ビーソフテン、他があるようです。これらの基本的成分は、同じですが、

基剤は、少し異なるようです。それぞれ、クリーム状や乳液状や化粧水様

などあるそうです。ですから同じものと思っても基剤が違います。使い易さ、

個人との相性をいろいろと考慮して、合うものを見つけましょう。重ね塗りで

状態を保つことも出来るようです。(ワセリンと合わせて使うことも。)

ジェネリックのビーソフテンは価格的にも安いので大量に身体に使うには、

便利なようです。


ヘパリン系は、血行促進作用があるので、傷、ほてりや炎症があるうちは、

使用を避けます。目に入らない様にするのもこの特性から!



工夫すれば、これらで何とか、やり過ごせるのではないでしょうか?

出来るだけ、保湿剤だけで過ごせる様に、工夫してください。

白色ワセリン以上の精製度のワセリンだけで過ごせるのが理想です。

子供さんに合った使い方を見つけて下さい。将来に影響します。

治療には、慎重な判断をお願いします。



(皮膚科では、ステロイドを使わないと治らないと言われることも多いです。

一方、脱ステロイドの考えでは、保湿剤も使わないと言う場合もあります。

しかし、そうすると乾燥で大変!脱ステロイドを継続できない方が多数

出たようです。)


経験を書いているブログも沢山あります!

良く調べて!良い判断を!将来的な安全を求めましょう!

posted by ららららら at 21:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。私は妊娠7ヶ月のときの昨年1月に脱毛がはじまりました。5月に子供を出産したのですが、9割の髪の毛が抜けました。6月には全て抜けました。
始めは、皮膚科に行き、ステロイドローションを処方してもらいましたが、妊娠中ということもあり、自身の判断で使用しませんでした。そこで、こちらのブログを拝見し、不安がありつつも無治療にかけました。
産後、徐々に生えて出し、今ではショートまでなり外に出ています。
しかし、最近、円形が出来ています。このまま全頭に及ばないか不安です。
焦る必要ありませんか?
Posted by けい at 2016年01月21日 14:48
けい さん

コメントありがとうございます!

まず、原因を考えて見ましょう!花粉症やアトピーのときにステロイドを使ってませんでしたか?結婚前のピルの使用は?或いは、不妊治療は?その時の、ホルモン剤の使用の期間や量によっては、もう少し、時間がかかることがあるかもしれませんね。

しかし、円形脱毛症の治療法はありません。病気が自分で自分自身をoffにするしかないのです。良い判断をされたと思います。ステロイドなどのホルモン剤は、一時的には効きますが、本来的には、自己免疫疾患の原因となると思えますから。

娘も、一度完治して、すぐ1、2ヵ月後に丸い脱毛パッチが2つできましたが、無治療で治りました。場合によっては、ウイッグを使いながら、無治療で治るのを待ちましょう!今は、安価で素敵なものも沢山ありますよね。ウイッグや帽子、スカーフ使いの達人になる。そんなことも頭に入れながら、慌てずに、楽しみましょう!貴重な経験となりますように!

Posted by ららららら at 2016年01月21日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431266823
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック