2009年05月13日

かぶれ治療?局所免疫療法?流行っていますね!

かぶれ治療が流行っています。
なぜでしょう?
日本皮膚科学会のHPに、90%有効と載せられているから
でしょうか?(有効とは?その設定の仕方で大きく結果も変わります。)
安全な治療だと書いある場合もありますが本当でしょうか

治療している人の例を少し見てみましょう。
ネットで調べたものです。皆さんも調べてみてください。

掲示板の女性
脱毛歴30年。SADBE治療歴11年

水疱ができたり、リンパが腫れたり、頭痛がしたりするが、
SADBE治療半年で産毛が生え始め、1年でかつらを取る
完治は、してはいないが、調子が良い時は、半年くらい治療しないことも。
最近は、脱毛があると週に1度位薬を塗る程度。42歳の方

◆30代前半の男性
過去に2度脱毛経験がある。2度とも自然治癒
◇1度目:全体的に脱毛。びまん性?2、3ヶ月で完治。
◇2度目:きれいな円形脱毛。完治に1年かかる。

◇3度目:広範囲の脱毛に、慌てられた様で。
3ヵ月半で医大病院へ。
沢山の薬が処方されています。あれもこれもそれもと言う感じ。
ステロイド外用や内服薬も。その為か頭部にあちこち湿疹が赤く出る
SADBE感作。後頭部に薬剤を沁みこませた脱脂綿、シールを貼る。
4ヵ月半SADBE治療開始。ステロイド内服もあり。
順調に、発毛。
7ヵ月半SADBE治療開始から3ヶ月治療を中止

◆中学生
1歳半で発症。様々な治療の後中断。治療再開し、ステロイド外用薬4歳で
元の髪に
。4年後小学2年で再発ステロイド外用内服。転院。成長障害を考えて
ステロイド内服を徐々に減量し中止。ほとんど全頭脱毛に。
SADBE治療。順調であったが、一度脱毛。その後、0.5%1年。半年で0.8%
1.0%、1.2%、1.8%と濃度を上げる。その後、濃度を下げる。最近は、眉毛まつげが、
生え
後頭部はほとんど生え揃う前頭部と初めに抜けた部分が生えていない
現在は、0.8%が0.5%に。

◆小学生
1年生で発症。紫外線、セファランチン、フロジン液で治療開始。
その後、眉も抜け、全頭脱毛に。1年後に発毛開始。3ヵ月後SADBE治療開始
紫外線を重ねる治療。SADBE濃度0.1%?0.2%?発毛開始から1年で
ほとんど生え揃う。1ヶ所のみ薄い部分があるだけ。再発セカンドオピニオン
転院されたのか?現在はSADBE治療0.001%とおしゃっています。後頭部
長くきれいな髪がある。前頭部は、まだ生え揃ってない様子。
その後の2ヶ月で、「追いかけっこをしているような状態」と述べられています。
生えては来ているが、また別のところが抜けていく・・・と。

その後の良い結果は聞こえて来ません。

円形脱毛症の治療は、まだまだだなあと感じました。
「まずは、様子を見ましょう自然治癒の可能性があります。」
「生活を整えて、野菜中心の食事や良い睡眠、体を冷やさない。」
「発毛までに3,4ヶ月かかります。かつらを準備しましょう。」
そんなことを第一に話すべきだと思いますが・・・。
(もちろん、そんなことしか言ってくれなかったと憤る患者もいますから・・・。
何も要らないことを説明するのに時間がかかるので、薬を出すと言う意見も。)

脱毛の権威者と言う先生の処方は、あらゆる薬を使い飲みきれない
湿疹が発生してしまうもの。
薬が沢山溜まり、「通院は、卒業です」と言われないとの言葉や
自己判断での通院中止など、ご本人も不本意な治療だったのではないかと思いました。

この方の場合、今回も自然に治癒した例だと思います。
もう少し、我慢していて欲しかったですね。3ヵ月半で病院に行かれたときには、
発毛が、みられていた様子の写真があります。

SADBE治療は、継続が必要です。治癒は、病気自身が、病気をoffにする時
かぶれ治療は、効かなくなる時期が来るとの報告もあります。治療薬ではなく様々な
検査をパスする必要のない工業薬品です。DNCBは、不適使われなくなりましたが、
DPCPSADBEもまだまだ安全性が明らかにされていない部分があります。
FDA やCANADA HEALTH認可もありませんアメリカ全土で使われていない。
11年継続治療しておられる方もいます。成人してかなり経過している年齢には、
表面的には影響が出にくいようですが、将来的なことを考慮して欲しいです。

SADBE濃度もどんどん濃くしているものなど、治療機関によって様々で
心配です。医師と言っても個々の脱毛に関しては、全く判らない方が多いと感じます。
中学生の子供さんは、濃度を次々濃くして行かれました。白斑を発症しておられます。
原因は、断定できませんが、成長期の子供さんには、危険な治療ばかりだと
思います。どうして?と思う治療ばかり。自分の子供ではないからこんな処方が
できるのでしょうか?患者の側もしっかり調べて行動して欲しいと思います。

掲示板で丁寧に濃度を上げている治療例を見ました。しかし、以前記事にしました
イタリアの少女も、かなり濃度の低い時点白斑発症しています。個々の体の
感受性にもよるのでしょうし、気をつける必要があります。

後頭部は、髪の毛が抜けにくい?あるいは生え易い場所なのでしょうか?
年をとっても白髪が出にくい場所のような気がします。娘も脱毛した時、
1割残ったのは、後頭部の真ん中縦一列でした。

結婚や出産が終わって、どうしても治療したいと思うなら、選んだらよいと思います。
自己責任で!まだまだこれから、結婚や出産も考えてる人には、自制して欲しい
思っています。目の前のことではなく、将来のこと次の世代のことなど、良く考えて
欲しいと思います。

沢山の髪の毛が、一気に抜けて、驚きます恐怖を感じます。
それでも、自然に治癒する病気です4ヶ月待ってみれば、何処かから
発毛してきているはずです
良く調べて納得してから行動しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック