bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2009年01月21日

利益相反?アメリカリウマチ学会?(薬の認可そしてセファランチン)

昨年末から、ネット上をにぎわした記事があります!
関節リウマチ治療薬の副作用調査の評価をした日本リウマチ学会
ついてのものです。

2007年11月日本リウマチ学会は、アメリカのリウマチ学会
日本で開発した「リウマチ薬エンブレル安全性は高い」との
中間解析結果を発表し、「製薬会社ワイスとの利益相反関係はない」と
報告。その後金銭授受があったとの情報でアメリカから確認を求められた。
利益相反を認めなかった
学会を経由しての支払い金額的に少ないことからとの理由で。

この薬は、死亡例約2年間で84例あり1万人以上の使用者の
31%が、何らかの副作用を訴えた。

アメリカでは、ある事件の後、利益相反についてのルール作りが進んだ。
日本では、この点が遅れている。医薬品の開発には産学連携が、
行われている。大学の研究学会の開催企業からの資金が
欠かせない
。法人化された国立大学の研究費も毎年1%削減されている。
金銭の授受が悪いのではなく、関係する相互についての透明性が必要。
利益相反のルール作りが早急に必要だ。

この記事でも、最近のタミフルの時に問題になったのも、薬の認可にかかわる人
製薬会社との関係
。国からの潤沢な研究費が提供されているなら必要のない
製薬会社との金銭的な関係。国からの研究費は、どんどん少なくなっている現状
難しいことは、ともかくとして、薬に対する見方をきちんんと持っていなければ
なりません。薬の認可使用も私達の知らないお金の授受が関係していること。
円形脱毛症についても危険な治療が当たり前のように行われています。

偶然読んだ本の中に、日本の円形脱毛症治療に使われているセファランチンが、
出てきました。

時の宰相が、結核になった娘に新薬セファランチンを使いたいと申し出る。
「モルモットの実験では、成功したそうだ。M博士は、それを注射すれば助かる
かもしれないと言う・・・」それを娘は拒否しているが、父親は、娘の信頼している人に問う。
「娘さんを薬の実験台にするのですか」でも「親としてしてやりたいことを阻止できない。」
との答えに、セファランチンの注射が打たれた。その反応は激しいものだったが、
娘は亡くなってしまう。

この当時の薬の認可はどの様だったのでしょう?新薬です!当時の認可
関わっていた人の話を「風邪薬は使いますか?」の記事に書きました。その人は、
刺激療法でしかないと思っていたが、ある時、結核の治療薬認可されたことを知る。

そんな時には、どんな力が働いたのでしょう?

今回のリウマチ治療薬の問題も、一つの例でしかありません。
posted by ららららら at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン