2008年09月25日

円形脱毛症の治療ガイドラインX(無作為の管理された治験の論評Cochrane Libraryの最新の発表の要約)

既存の円形脱毛症の治療に効果的なものが無いと言うScienceDaily
ニュース、実際にCochrane Libraryで見たものと微妙に違っていました。
記事には共著者以外の名前が出ていて私には、理解しにくかったです。
また、欲しい情報に欠けていると感じました。
ScienceDailyの考えが主体になっているように思えました。

重なる部分もあるかと思いますが、掲載したいと思います。
Cochrane Library から 円形脱毛症への介入(治療法)

素人の感じたままの翻訳です。直接原文から読まれることをお勧めします。

     Interventions for alopecia areata円形脱毛症への介入(治療法)
Delamere FM,Sladden MJ
Dobbins HM,Leonardi-Bee J



Summery
円形脱毛症全頭円形脱毛症汎発性円形脱毛症の治療法(介入)


円形脱毛症、全頭円形脱毛症、汎発性円形脱毛症の患者に長期的な益をもたらす
と言う多くの治療法は、治験による良い根拠(エビデンス)がなかった。

円形脱毛症AA
は、、円形に髪の抜ける病気です。その大きさや数、病気の進行具合
人によって様々である。頭皮全体に渡るもの全頭円形脱毛症)や身体全ての毛に
及ぶもの
汎発性円形脱毛症)もある。ある時は、病気がそれ自身で良くなる場合もある。
しかし、より悪くなることもある。

治療は、頭皮に塗る様々なクリームやローション、局所コルチコステロイドまたは
コルチコステロイド内服ミノキシジルや更に簡単な治療を含む。ある皮膚治療法は
痒みや、クリームを塗った部分の毛が生えなくなるといった不愉快な副作用
ある。ステロイド内服深刻な副作用を引き起こすかもしれない。また、治療が
続けられる間あった毛の成長は、一旦、治療が終わればどうなるか保証されて
いないのである。

私達は540人の患者を含む17のランダムな管理された治験を判断した。二つの
局所コルチコステロイドを比較した一つの研究だけが短期の十分な効果を示した。
長期の有益な発毛を示したものは無かった参加者発毛の点や、生活の質(QOL)
から見て改善されたかを報告するよう意見を求めたが、どの研究も治療による改善を
示さなかった
との意見だった。

これは、Cochraneの論評簡単に平易な言葉にした要約で、Cochrane
 Collaborationによって準備され、保持されているもので、Cochraneの系統的論評
2008年第3号
として、最近発表された。著作権は
Copyright コピーライトマーク 2008 The Cochrane Collaboration. Published by John Wiley and Sons, Ltd.. 論評の全文は The Cochrane Library (ISSN 1464-780X).で。
この記録は、以下のものとして引用されなければならない。
Delamere FM, Sladden MJ, Dobbins HM, Leonardi-Bee J. Interventions for alopecia areata. Cochrane Database of Systematic Reviews 2008, Issue 2. Art. No.: CD004413. DOI: 10.1002/14651858.CD004413.pub2

この号は2008年4月16日に初めてオンライン上で発表された。

概要

背景
円形脱毛症
は、丸いはげた部分を作る毛を失う病気だが、感染した部分に何ら
脅威に感じることは起こさない病気である。頭皮全体に感染することもある
(AT全頭円形脱毛症)が、身体全体の毛を失うこともある。(汎発性円形脱毛症
それは、人口の0.15%が罹患する比較的よくある病気である。多くの場合
自然に治るself-limiting病気だが、毛を失うことは、しばしば社交面
情緒面において深刻な影響がある。

目的
円形脱毛症全頭円形脱毛症汎発性円形脱毛症の管理に使われる
治療法の効果を査定すること

調査手段
以下を調査した。
the Cochrane Skin Group Specialised Register in February 2006,
the Cochrane Central Register of Controlled Clinical Trials
(The Cochrane Library Issue 1, 2006), MEDLINE (from 2003 to
February 2006), EMBASE (from 2005 to February 2006),
PsycINFO (from 1806 to February 2006), AMED (Allied and
Complementary Medicine, from 1985 to February 2006),
LILACS (Latin American and Caribbean Health Science
Information database, from 1982 to February 2006),
and reference lists of articles.
また、現在行われている治験のうちオンライン上に登録されているもの
をも調査した。

評価基準の選定
円形脱毛症、全頭円形脱毛症、汎発性円形脱毛症の局所的治療法
系統的(systemic)治療法
両面で効果を評価されたランダムで
管理された治験


データの収集と分析
2人の権威者
治験の質と引き出されたデータ査定した。更なる情報を
求めて治験の責任者連絡を取った。また、含まれている治験から副作用の
情報を収集した。

主要な結果
17の治験
には、総数540人の患者が含まれている。各々の治験は
6人から85人の患者を含むもので、局所コルチコステロイドコルチコステロイド
内服
局所シクロスポリン光学力学療法局所ミノキシヂルを含む治療法の
範囲で査定した。偽薬を使ったものと比較して、発毛に関して十分な治療効果を
示した治療法は無かった
参加者自身発毛があるとか生活の質が向上した
と評価した研究は無かった

権威者の結論
ランダムな治験
の中で良く評価された円形脱毛症治療法は少しも無かった
円形脱毛症に一般的に使われているにもかかわらずDPCPDNTC
コルチコステロイド内用(注射)、dithranolを使った治療には、
RCT無作為の管理された治験)は、無かった
同様に、局所コルチコステロイドミノキシジルは、広く処方され
安全なようだと言われているにもかかわらず、長期的に有益だと言える
信頼できる根拠は無い
殆んどの治験は貧弱な報告で、重要な臨床的益は、
不十分である
長期の効果的な治療法だと評価される、良く導かれた
研究が、深刻に求められている

特に病気の初期には自発的な発毛の可能性があることを考慮して
治療しないと言う選択肢を選ぶ事や個人の好みによっては、
ウィッグを着けることが、この病気を治療する代替療法と言えるであろう



人口の0.15%が罹患する一般的な病気とありました。数字が実状に
合っているように感じました。

論評に含まれている17の治験について詳しい記述があります。
最近行われているランダムな管理された治験のうち、オンライン上で
発表されているものも含まれているとあります。ですから、過去から
現在までの
ランダムな管理されている治験の主なものは、殆んどが、
調査され評価されたと言えます。

その結果患者にとって益のある治療法は見出せなかったのです
50%や75%の発毛で有効と言うような判断ではないことが判ります。
患者にとって本当に効果があったと感じられるものが、無いのです
現在行われている治療には、危険なものが多いです。
ランダムで管理された治験も稀です。日本で行われている治療の多くは、
この論評で、調査される対象になる資格のないものが、殆んどと思われます。
治療と言うものは、厳密にその効果と危険とを比較検討するべきものです
この論評の示していることをきちんと受け止める事はとても大切です

円形脱毛症への介入。interventionと言うこの言葉、現在流行の
「治療と言う語の替わりに使う言葉?」かもしれませんが、自然に治ると
言われているこの病気に対しての現在の治療の位置を言い当てている
ように感じています。

危険な治療に飛びつくことなく自然発毛を待つことが、
肝要だと思います




posted by ららららら at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自然でも治るのかな?と思った理由なんですが、局所免疫療法は頭にしかしていないのですが、治療を施さない脇毛とか全身の毛も頭髪の発毛と同時に回復したからです。髪の毛眉とまつげ以外の毛は脱毛する人もいるくらいで、まぁ〜なくても良い訳ですが、なんにもしないのに回復してしまいました。
服薬はずっとしていました。こちらを読んで思い出したのですが、セファランチンはずっと飲んでいました。これが効いた可能性も考えられますが、真偽のほどは分かりません。

カツラは3つ今も持っています。
脱毛ライフを楽しもうと帽子もいっぱい買いましたし、スカーフもいろいろ楽しみました。

眉とまつげがないって顔が決まらなくて、隠しようもなかったですが、最終的には気にしない事に落ち着いたように思います。

何の病でも辛くないと言うと嘘になりますが、病気は自分であっても家族であってもまるごと受容してしまうと、少し気持ちが軽くなるように思います。

障害の息子が居り、壮年期の夫のがん死を見送った経験からそう思います。

汎発性円形脱毛症は0.15%ですか?
すごい確率にあたってしまったものですね。貴重な経験をしました。
再発の不安はやはり消えませんが、なったらなったでまた考えます(#^.^#)

よくお調べになっていますね。
ざっと読ませていただいて驚いています。

Posted by みかん at 2008年10月15日 23:12
みかんさんコメントありがとうございます。みかんさんの円形脱毛症の経験は、「治療しない」と言う治療法!BAD?T
に、掲載させていただきました。

自然発毛かも?とも書いていただきましたね。実際に経験された方の感覚が本当に参考になります。

0.15%とありますが、1.5%と言う書き方も良く見ます。NAAFは、1.5%と言っていたと思います。1人の人が何度か再発しますから
延べで数えた時と1人の人が何度再発しても
1人と数える数え方とでは違ってくるのではないでしょうか?どちらにしても稀な経験ですね。長年生きて来て初めて真実を知った病気です。

まるごと受容すると心が軽くなる・・・そうですね!みかんさんの経験から発された言葉だからこそ、説得力があります。

ただ自分の娘の様な若い人には、効果が無いと専門家が言う危険な治療をして欲しくないと言う気持ちだけで書いています。

参考になることがありましたらまたお知らせください。

Posted by ぴぴ at 2008年10月16日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック