2008年08月20日

円形脱毛症の治療ガイドラインT

SADBEDPCPなどについて、検索してもきちんとした情報がなくて困りました。
何か不思議なというか、奇妙な感覚でした。意識的に情報を出さないようにしている

そこで、英文のものを調べた結果英国の皮膚科学会円形脱毛症ガイドラインが、
偶然に見つかりました。2003年に書かれたものですが、現在も使われています。
アメリカの政府機関の運営するサイトで円形脱毛症のガイドラインを調べても
このBADイギリス皮膚科医のためのガイドラインと同じ内容が載せられています。
(このBADの円形脱毛症ガイドラインの訳は、
      「治療しない」治療BAD?のUVに書いています。)
そこには、円形脱毛症について大切な事柄が、書かれていました。

◆この病気の性質辿るコースをきちんと伝えること。特に、繰り返すことを。
(一度治った後の再発が心理的に大きな傷を与える。)
◆円形脱毛症AAを「no treatment」「治療しないままにしておくのは、多くの
患者にとって筋の通った選択肢 の一つである。
AA
活発に治療するという決定軽々しくするべきものでない
 治療心地よいものではない時間がかかり有毒である可能性もある
円形脱毛症AA最も考慮すべきことは、大きな心理的影響は、あるが
危険でしかも有効性が証明されてない治療正当化するほど健康面では
大きな影響がないことである。加えて、多くの患者は、すべてとは言わないが
自然に髪の毛が生えてくる

◆日本で行われているかぶれ治療に、大きく欠けている点がある事にも気付きました。
・妊娠の可能性のある人には使わないと言う点です。
カナダでのDPCP治療でも、明確に述べられています。)
残念なことに日本では、多くの女性が安全な治療として使っており、ネットで見ると
かぶれ治療中に妊娠した方もかなりおられる様子なのです。
・その液体の処方についても、厳密な扱いがされるべき点が、欠けていると思います。
個々の病院が、各自の判断で使っているのでしょう。危機意識が感じられません。
NAAFのHPでは、以前詳しく載せられていたものが、現在では、「アメリカ全土で
適用されていません
」と記述されています。その意味するところは?
インフォームドコンセント詳しく説明し納得し署名して治療を受けると言う点も。
◆日本のネット上で人気の病院と言われている所で行われている治療法
ステロイドパルスPUVAプラスステロイド内服も評価が低いものであること。
◆日本の基本的な治療で使われているセファランチンフロジン(塩化カルプロニウム)
グリチロンもその中の治療法に含まれていないこと。

これらの点は日本語のサイトでは、気付くことができなかったでしょう。

円形脱毛症治療ガイドラインは、日本にはまだありません。
危険な治療が日常的に行われている現状を見ると「そうだろうな」と予想できますが・・・。
先日、日本皮膚科学会のHPを見ました。以前の古そうなものから大きく変化していて、
アトピー皮膚炎のガイドライン等が載せられていました。
これから円形脱毛症のガイドラインが、出されるそうです

今まで行われてきた治療法について、危険な治療と率直に紹介されるのか?
・治療しないことが、筋の通った選択肢として紹介されるのか?
・インフォームドコンセントをきちんと行うよう促されているのか?
私達も注目して行く必要があります
posted by ららららら at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105035138
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック