bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2008年06月11日

円形脱毛症の最新治療を調べてみましょう!

英国皮膚科学会(BAD)皮膚科医のための円形脱毛症ガイドラインでの
治療しないこと(no treatment)が最善の選択肢であるかもしれない。
との言葉は、私たちを守る上で、貴重な言葉だと思います。
沢山の研究から導いた結論のようです。


将来的に、この言葉が打ち消されることを願っているとの記述もあります。
何とか、良い治療法を提案したい。それでも、残念だが「今の段階では、こうです
と言っているようです。「危険有効性が証明されていない治療
正当化するほど健康面で大きな影響がない病気。多くは自然に発毛する。」とも
述べています。


日本での円形脱毛症治療は、今、ステロイドパルスPUVAが主流なのですか?
SADBEDPCP?なぜNAAFBADと考えが違うのでしょうか?きちんとした
ガイドラインは無いのでしょうか。日本での研究は、知られていないのでしょうか?

いいえ、最新のものがいつも調べられています。その結果BADのガイドラインでは
パルスPUVAは、C評価
が出されていたと思います。局所免疫療法B評価でしたが、
子供や妊娠の可能性のある女性には否定的な意見で、適応範囲が狭いようでした
アメリカでは局所免疫療法は、適用されていないそうですし
NAAFの記述は、HPの改定に伴い大きな変化がありました。
(詳しくは、円形脱毛症のBESTな治療に書きました。)


NAAF
のHPのトップ画面に研究Research)と言う項目があります。
そこのResearch Linksでいろいろと調べることができます。私もまだ
調べ始めて日が浅いので、あまり詳しくはありませんが・・・。そこには、
世界各国研究が載せられています。スイス、韓国、インド、フランス、イラン
サウジアラビア・・・。もちろん、日本のものも。他の国よりも多くあるようです?


自分で、調べてみましょう。Reseach LinksのPubMedをクリック。
そこの検索のための四角い枠の中に、steroid pulse for alopecia areata
と入れてgoを押します。出てきた22の中から一つ選んでクリックする。すると、
論文の概略が出てきます。steroid pulseの替わりにDPCPSADBEでも
PUVAでも知りたいものを何でも入れます。沢山の最新の治療研究が出てきます。
その中から選んでクリックして最新のものの概要から調べていきましょう。
よく読んでみましょう。そして、治療するなら、納得してから行動しましょう。


円形脱毛症
の場合、個々で脱毛発毛時期期間程度が違っていて
難しいのですが。それぞれの研究で、分類の仕方評価の仕方異なり
「良い結果が得られた。」「副作用は殆んど見られなかった。」
「受け入れられる程度の副作用であった。」など等、曖昧な表現のものも多
きちんとした基準が無いようです。主観的な結論で終わってしまうのではないかと
思いました。研究の長期に渡る追跡調査少なくなっている傾向を感じます。
良い結論効果的に見える結論を求めているように思いました。

脱毛発毛範囲基準はあります。側頭部の一方は、何%とか、それぞれ前頭、
後頭部を分割してパーセンテージが決められています。
(Serverity of Alopecia Tool)SALT?と言うそうです。

評価の仕方曖昧なのが気になります。例えば・・・・・
5年発毛していない人が頭皮の0%から100%に発毛したら50ポイント。
                    0%から50%の発毛なら25ポイント。
  1年以上発毛していない人が0%から100%発毛したならその五分の一
  1年以上維持できたらそれにをx倍(適切な定数)にする。
  5年維持できたら5x倍に・・・・など個人的な発想ですが・・・。
客観的な基準が有れば・・・と思いました。
それでも、自然の発毛がありますから、正確な効果の判断とは行きませんが・・・。
ただ、長期の追跡調査促すものとはなると思います。

発症から1年未満の場合自然発毛する可能性が高いですから
[何もしない治療]"no treatment"をお勧めしたいと思っています
。治療が
マイナスに作用して発毛しなくなるのではないかと思います。
素人の個人的な考えですが・・・・・。


評価は、それぞれ「効果的であった。」「副作用は殆んどなかった」。と良い結論
導いているものが殆んどですが、「長期の研究の結果お勧めできません。」と
言うものがありました。短期4ヶ月の治療で4年長期追跡調査の結果です。
その潔さに誠実さを感じました。(次回、記事にします。)

一番に、患者の将来に渡る幸せが何かを考えた治療であって欲しいと思います
良心的で客観的にも評価できるガイドラインが日本でもできることを望んでいます

円形脱毛症の研究のためこの位は良しとしよう!治療法が確立されたら凄い!
そんな、研究者の側の感覚を感じてしまうのです。最新の研究を調べた結果です。
今、この場にいる個々の人の最善の福祉考えて欲しいです。

NAAFの資金援助の下、治験が行われています。その場合、治療は無料です。
本人の納得の基に、行われます。場合によっては、交通費や時間を費やした事への
対価が支払われます。
しかし、通常の診療で、危険な治療を行っているのが、現在の日本の状況では
ないのでしょうか?インフォームドコンセントは、きちんと行われていますか?
あなたの治療です!よく考えて、納得してから行動しましょう!

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン