モッピー!お金がたまるポイントサイト

2017年04月30日

円形脱毛症の基本!

いろいろと書いてきましたが、基本は一つ。

この病気に治療法は無い。

NAAFNational Alopecia Areata Fund(アメリカの円形脱毛症患者会)
には、病気が病気をoffにした時に治るとあります。

今までNAAFには、こう書いてあると記述していましたが
それ何?との意見をいただきました。
そこで、NAAFについて少しお伝えしたいと思います。

今まで、この組織から、様々に学んできました。
娘が罹患した時に、日本語の良い情報がなく英語で調べた時
直ぐに出てきた名前です。
googleで円形脱毛症"Alopecia Areata"と検索して
出てきました。BADも同じで早い段階で出て来たものです。

こちらは、始めは患者の家族が作られた組織のようです。
私が調べ始めた10年前には既に50億円の運営費を持つ組織でした。
今では、その10倍?100倍?よくはわかりませんが・・・。

その内容を全体的に眺めると、様々な側面があります。
治療研究への資金提供もあります。
病気について知らせるビデオ、ウイッグ等の販売もあります。
子供との接し方、学校での対応の仕方等々の記事も有益です。
(このブログの前半には許可を取って良い記事を記載させてもらっています。)
スポンサーも沢山あるようですし、日本と違って個人での寄付も
かなりです。患者自身が寄付することが求められている様です。
(誕生日パーティやジョギング大会を主催して
人々からお金を集めることなど方法も教えていました。)

時には、ある機器の治療が勧められている?と感じて、
営業的側面を強く意識することもありました。
が、同時に、治療法は無く病気がoffになる時治るとの記述があるのです。
30代、40代と年齢が上がるほど治りやすいことも伝えていました。
沢山の人々が運営しており、その考えや動機は様々、複雑ですが、
全体像を捉えると、大切な基本的事柄が見えてきます。

治療法は無い。

かぶれ治療(局所免疫療法)は、アメリカ全土で適用されません。
ともあり、一時的には、効果があるこの治療法を選んではいけない
事も知りました。

皆さんも、この病気の全体像を掴んで、自分は何をすべきか考えて
下さい。この10年、多くの方の治療やその後を追ってきましたが、
治療法は無いと言う考えは正しいと感じています。
長期に安全な治療を求めましょう。一時的な効果は意味がありません。

no treatmentで、危険な薬剤を身体に入れないこと、
食べるものにも少し注意を払ってみましょう。
間違って入ってきたものの排泄を促す為に運動をすることも
お勧めします。




posted by ららららら at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック