2017年04月30日

円形脱毛症の基本!

いろいろと書いてきましたが、基本は一つ。

この病気に治療法は無い。

NAAFNational Alopecia Areata Fund(アメリカの円形脱毛症患者会)
には、病気が病気をoffにした時に治るとあります。

今までNAAFには、こう書いてあると記述していましたが
それ何?との意見をいただきました。
そこで、NAAFについて少しお伝えしたいと思います。

今まで、この組織から、様々に学んできました。
娘が罹患した時に、日本語の良い情報がなく英語で調べた時
直ぐに出てきた名前です。
googleで円形脱毛症"Alopecia Areata"と検索して
出てきました。BADも同じで早い段階で出て来たものです。

こちらは、始めは患者の家族が作られた組織のようです。
私が調べ始めた10年前には既に50億円の運営費を持つ組織でした。
今では、その10倍?100倍?よくはわかりませんが・・・。

その内容を全体的に眺めると、様々な側面があります。
治療研究への資金提供もあります。
病気について知らせるビデオ、ウイッグ等の販売もあります。
子供との接し方、学校での対応の仕方等々の記事も有益です。
(このブログの前半には許可を取って良い記事を記載させてもらっています。)
スポンサーも沢山あるようですし、日本と違って個人での寄付も
かなりです。患者自身が寄付することが求められている様です。
(誕生日パーティやジョギング大会を主催して
人々からお金を集めることなど方法も教えていました。)

時には、ある機器の治療が勧められている?と感じて、
営業的側面を強く意識することもありました。
が、同時に、治療法は無く病気がoffになる時治るとの記述があるのです。
30代、40代と年齢が上がるほど治りやすいことも伝えていました。
沢山の人々が運営しており、その考えや動機は様々、複雑ですが、
全体像を捉えると、大切な基本的事柄が見えてきます。

治療法は無い。

かぶれ治療(局所免疫療法)は、アメリカ全土で適用されません。
ともあり、一時的には、効果があるこの治療法を選んではいけない
事も知りました。

皆さんも、この病気の全体像を掴んで、自分は何をすべきか考えて
下さい。この10年、多くの方の治療やその後を追ってきましたが、
治療法は無いと言う考えは正しいと感じています。
長期に安全な治療を求めましょう。一時的な効果は意味がありません。

no treatmentで、危険な薬剤を身体に入れないこと、
食べるものにも少し注意を払ってみましょう。
間違って入ってきたものの排泄を促す為に運動をすることも
お勧めします。




posted by ららららら at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

円形脱毛症は、無治療がベストです!ステロイドパルスは、no!

先日もコメントをいただきました。

産後の脱毛症のかたです。

病院でステロイドパルスを勧められた。
幼い子供さん2人を置いて1週間家を空けられない。
ステロイドに対する抵抗もある。
どのように判断したらよいか。

と言っておられる。
なぜステロイドパルスを勧めるのか?
勧める病院が多いのですね。
(それは、医療者の側の経営的都合からでしょう?
入院して大量の投薬。)

しかし、円形脱毛症には長期に有効な治療などありません。
一時的に効果のあるものはありますが・・・。その後抜けます。
日本では、ある病院の報告が評価されているのでしょうか?
脱毛症になったばかりの人を集めた調査です。(発症後半年以内)
かなりの発毛率ですが、治療後の追跡調査報告も見られません。
FDAの記録では、
「円形脱毛症は、何もしなくても9割が自然発毛する。」とあります。
そうであれば、無治療が一番。

ステロイドの大量投与は、体に対する負担はとても大きいです。
膠原病のかたのブログなどを読んでみましょう。
その副作用は、凄まじいものです。
円形脱毛症で使われる量は少ないですが、その後の病の原因に繋がりませんか?

ご自分でよく調べましょう。
ただ、言われるがままに、鵜呑みにしないこと。
(ステロイドパルスを行ったかたもブログに書いておられます。
たくさんの例から統計的に見てみましょう。)
(受けたい病院の治療法が何なのか?
日本の学会、アメリカの学会、BAD英国皮膚科医協会のその治療の評価がどのようか?)

簡単に治療しないことをお勧めします。
posted by ららららら at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

ポテトチップスの生産制限について!

昨年の台風で、北海道のジャガイモ畑が駄目になって、
大手のポテトチップスの会社は、生産を制限するそうですね。

とても良いことだと思います。
たくさんの種類のポテチが既ににありますし。
海外産のじゃがいもでなく、日本製の北海道産の材料で。
その考えが素敵です。

海外には、遺伝子組み換え作物が沢山あります。
いつの間にかその様な物が、入ってくる可能性があります。
輸入品でなく北海道産が生産できる8月まで待つそうです。
本当にそうであるなら良いことだと思います。
裏側には、いろいろな意見がありますが・・・。

私たちの周りには危険なものがあふれています。
以前、コメントをいただいた方と話しましたが、
ビールには入っていないが、第三のビールなどには
遺伝子組み換え作物が使われ始めているとその頃聞きました。
甘い飲料には、昔は砂糖でしたが、今は、液糖とか書いてあります。
遺伝子組み換えのコーンなどが使われていると言う話です。
次々に知らぬ間に入り込む危険を見張らなくてはいけません。

遺伝子組み換え植物だけでなく、それを生産する土地では、
手のかからないように、撒かれる大量の除草剤が、
水を汚し土地を汚し、その穀物を食べた畜類が、上手く立てないとも
聞きます。

起こりえない病気の多くが、利益だけを求める考えから生まれていると
思えてなりません。

posted by ららららら at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

「がん検診を受けないほうが良い!」

”がん検診は受けないほうが良い”
今日、ネットでそのような記事を見て、「そうだ!そうだ!」
と共感しました。

芸能人のガンが発表されると、「100%のがん検診を!」との
意見を沢山聞きます。
しかし、検診を続けることには、大きなデメリットがあることも
伝えないといけません。

「医療に近づかない!」
「no treatment」
と伝えてきましたが、本当に良く調べてお友達にも伝えてください。

若者にマンモーはいらない!」と記事にした時の知り合いの女の子は、
当時25歳?位でした。
会社の検診でマンモーを受け、再検診となり、病院に行く事に。
検診前に、テレビで自己診断を勧めていて、しこりかも?
と感じた部分があったようで、かなり不安になっていました。
近藤誠さんがまだ慶応病院に勤務しておられたので
行ってみるように伝えました。不必要な検査や手術をしないように!と。
マンモーのフィルム持参だったようですが、乳がんは、杞憂に終わりました。
何百円かの費用で終えました。
若者の場合、マンモー検査では、がんは判らない。

乳がん検診を受けても、生命を失う率は、受けない場合より1000人に1人助かるだけ。
しかし、間違った診断結果を得るのは、1000人に?人
不必要な乳房摘出を受けるのは、1000人に?人
このような統計がきちんと出ています。

その様な数字や理解の仕方を乳がん検診の勧めと同じ頻度で
見聞きすることが出来る世の中であり、マスコミ報道であるべきだと
思いませんか?

ある人は、フランスで、CTの検査を受ける為に他の病院に行くよう求められ
「日本では大きな病院なら何処でもCTがありますよ」と言ったら、
可哀想に!という目で見られた。そのことが、心に残っていると言っていた。

そういう機器を備えれば使いたくなる。必要もないのに。
身体に悪いと機器の設置を抑制できるって素敵なこと。

医療を推進しよう!と言う人々の宣伝の方が、今のところ勝っている?
それには、多くの資金が投じられているのでしょう?
乳がんの検診や手術を推進する協会があることも知っておくべきでしょう?
そのことをみんなが知って、互いに話し合い、広めあうようにするべきでは?
と思います。

知り合いの男性で、「普段の検診に一つこんな検査を受けませんか?」
と言われた人がいました。それも7‐8年前のこと。
それは、男性の前立腺ガンが解ると言う検査。PSA腫瘍マーカー検査。
その人は、陽性と言われ、再検査。紙おむつを準備して
放射線を当ててする検査でした。毎年定期的に検査するよう
言われましたが、調べて納得して止められました。

PSA検査は、当時も必ずしもガンが見つかるわけではないと
意見を述べてている人もいました。ある人は医療の仕事をしている方で
その数字だけで手術をし、不自由な生活を余儀なくされていました。
PSA検査をお勧めしないと本に書いておられました。
最近は、その様な意見もある程度見受けられるようになりました。

何でもそうです!検査や検診が必要以上に求められています。
会社で検診を勧めて来る。インフルエンザワクチンをするように求められる。
古い情報から習慣になっている事柄は、はっきりと拒否すれば良いのですが。
過剰な検査や投薬で、かえって健康を害することのほうが心配です。
定期的に放射線を浴びることは何を意味するかを知っておきましょう。
よーく調べて、理解しておいてください。

同じことが円形脱毛症の原因や治療にも言えると素人の私は思っています。

(先ほど、「がん検診は受けないほうが良い」で検索すると沢山同様の
意見が出てきました。少し安心しましたが・・・。)




posted by ららららら at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする