2017年02月07日

ファルマゲドン(Pharmageddon)?

以前から薬についての記事を書いて来ました。
円形脱毛症を調べてきて、薬というものの影響を感じます。
すべての病気の原因に関わっている?と

ファルマゲドンについても書いてきたように思いますが。
"風邪薬は使いますか"の記事で、
”薬害オンブズパーソンズ会議について紹介しています。

「薬害オンブズパーソンズ会議」は民間の医薬品監視機関です。
と、HPに載せられています。

そして、2007年8月31日の記事でファルマゲドンについて取り上げています。


「ファルマゲドン(Fharumageddon)?」−薬・医療依存からの復讐−
この言葉自体は、オランダに本部のある民間の医療問題研究団体HAI
のウエブサイトに載せられた論説(2007年7月17日)のタイトルだそうです。

その考えの元となるものは、更に30年前の哲学者イヴァン・イリッチの考え
「医療専門家の権威が人々の健康に対する主な脅威になっている」と
述べたものでした。当時社会ではその考えは、受け入れられないものでした。
しかし、2007年様々な専門機関の論説で取り上げられてきた。
30年近く前のイヴァン・イリチに先見の明があり、2007年には
考えの主流になっていることを。


Harmagedonという映画もありました。HarmagedonとPharmacy(薬)の
合成語が意味するのは、医薬への安易な依存やmedicalization(病気作り)
が、人々の健康を害し多大な被害を引き起こし、人々の健康は不毛の荒野の
ようになって行くということ。


2、3週前にも、テレビで、例のきれいな女優さんが、「直ぐに治そう!」
とステロイド薬の宣伝をしていました。
それが何か?何も知らずに使ってしまい、習慣化する時、何が起こるか?
よく考えて!

若い人々の膠原病その他の命にかかわる病気を見聞きする時

まさしくPharmageddonn?と思ってしまう今日この頃。

安易に薬を使う生活はやめましょう。

資金のあるものがそれを使うように誘導しています。
それが一番科学的で、身体に良いと思い込ませる為には、
テレビや雑誌での宣伝!
健康保険があるからお金がかからないから使わなくっちゃ!
そのように仕組まれてしまっています?
お金を払ってくれるスポンサーは貴重な存在です。
マスコミはそのような会社を大切にします。
日本経済を活性化するため?

そういえば、以前は、薬事法で薬や漢方薬の宣伝は厳しく制限されていました。
それが、撤廃されましたね。(もう、1‐2年経ちますかね)
医薬品を売りやすくするためです。


何が良いか?麻痺し判断出来なくなっていませんか?
慎重に行動したいですね。
人間の身体には自然治癒力があったはず。
小さな行動が将来に!そして次世代に!
影響することを肝に銘じておきたいものです。



posted by ららららら at 10:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする