2016年05月27日

危険な治療はやめましょう!

時々、mixiや円形脱毛症の掲示板を見ます。
残念ながら、治療をしておられる方が多いです。
いろいろと伝えてきたつもりですが、伝わっていません。
ブログにコメントすることもありますが・・・。
自分のの治療が一番!と思っている方が多いです。

過去にも大勢の方にお伝えしましたが、
現在、長期に有効な治療法はない。
という大切の事柄をご存じない方が殆どです。
英文の資料を読めば、理解できるのですが・・・。

ブログにコメントしても無視される方が多いです。
自分のやっていることに失礼なことを言ってきたと思われています。
しかし、とても大事な点です。
そして、治療の多くが害のあるものです。
ステロイドは勿論、かぶれ治療も、免疫が反応する意味を考えれば
解るはずです。光線治療も機器がどこにでもあるので使用を勧められる
でしょうが、効果は期待できません。一時的なものです。
出来るだけ、不要なものを身体に入れないように、
教えてあげてください。

一時、治療が上手く行っていた方もブログの更新を止めておられる方が多いです。
その意味は?

よく考えて、行動してください。
お子さんの場合は、特別に!






posted by ららららら at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

ブログ説明の位置が、修正できない!

ブログ説明が、修正できない!
以前は、画面いっぱいの大きな文字でも、枠からはみ出ていなかった。
最近、いつの間にか?タイトルとブログ説明が枠から、はみ出し気味に!

文字数を減らしてなんとか、枠内に留めていましたが・・・。
昨日、英語翻訳を見ると、枠からはみ出し、記事と重なって、
読めない状態になっていました。
(英語のほうが文字数が多いからでしょう。)

検索すると修正方法が沢山載せられています。
もっと早く、修正すれば良かった。
読みづらかったですね。失礼しました。

(日本語では、ブログ説明の下が空きすぎ?間が抜けて見えますが、
英文では、ぎりぎり枠に入っています。)


「完治して8年経ちました。」は、「完治に8年かかった」ような?記述。
完治が人の名前として(昔のドラマ?)訳されたり。
英語で伝わるようにすると、変な日本語になります。

取りあえず、修正しましたが、まだ、うまくいっていません。



posted by ららららら at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

翻訳って難しい!

翻訳って難しい!ですね。

先日、このブログのアクセス解析を見ました。
すると、google翻訳が使われていました。
読んでみると・・・!残念!

英語は、主語をはっきりさせないといけない言語です。
それは解っていました。そして、自動翻訳の「へんてこりん翻訳」も知ってました。

しかし、「8−9割抜けました。」は、「8-9%」抜けた事にになっていて、
意味が違いすぎるので%に書き換え、80-90%にしました。

「娘が円形脱毛症になりました」は、勝手にnowを付け加えて、
「娘は今、円形脱毛症です」となっています。
「9年前に」を加えたのですが、過去の出来事になりません。
もう少し形を変えたら、ちゃんと翻訳されていました!

流れから、娘が治癒して8年になると書いているのですが、
「I」が使われていて、私が治癒したかのように読めます。


少し変えると、直る部分もあるのですが、更におかしなことにも!
機械が行うことですから、仕方ないですが、あまりにも伝わらない事に、
驚きます。せめて真逆の意味にはならないようにして欲しい。

最近、iphoneでは、音を聞き分けて、正確な文字表示ができてますね。
技術は進んでる!と思ったのですが・・・!翻訳は?気を付けないと!

googleでの設定を少し変えたのですが、伝わらないと意味ないですね。
初めのころから、海外からのアクセスには、気付いていましたが、
英語圏からのアクセスに備えて正確に伝えたいと思います。




posted by ららららら at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

子供の円形脱毛症!気になること!

子供が円形脱毛症になったら、驚きますね。
慌てて、あちこちの病院に駆け込みます。
それも、当然です。

しかし、何が起こったのか?
子供の時に円形脱毛症を経験した方の記録を調べて、
自分に何が関係有るかを調べましょう。

小さな脱毛で留まっている場合は、最近のアトピー等の時のステロイドが、
関係するかもしれません。

8割以上の抜けの場合、もっと深い理由があるのかもしれません。
子供の円形脱毛症の場合、治り難い傾向にあります。
あれこれ治療せずに、ウイッグを準備して、目立たないようにしましょう。
目に付くとどうしても人は、あれ?と気にします。
悪気なしに、見てしまうのですが、当事者には精神的苦痛になります。

民間療法で治った?と思う方も多いですが、様々な例から見るとNOです。
一時的には、効くものがあります。一例としてステロイドがあります。
毛のうを攻撃している自己免疫を一時的に抑えることができるようです。
大量に使用した場合、副作用を考慮しなければなりません。
かぶれ治療に使われる薬剤は、FDAの認可がないために、
米国全土で使われていません。


病気が病気自身をoffにした時、治ったと言えるそうです。
offにしたのですから、だんだんと発毛し後退しないでしょう?
でも、我が家の場合、一度、足踏みがありました。
完全に生えたのに、小さなパッチが2つできました。

その後、順調に回復しました。繰り返すことはありませんでした。
発症した時に相談した「arkの小部屋」の方も、完治後8年間小さな円形もない
とのことでした。うちの場合も完治後そろそろ8年が経過しています。


次々、様々に治療を行っておられるのを見ると、残念だなと感じます。
将来的に悪影響を及ぼさないと良いのですが・・・。
民間療法?漢方治療?様々な形態があるようですが・・・。

安全なものを使っていると言っている場合でもその治癒の仕方から考えると
それが何か?考えないといけない場合があると思えます。
それを使って、長期に完治した状態を保ってい人がいるのか?
よく調べて、確認できてから行動を起こすべきです。子供の場合は特に。

ある方法で完治したと言った後、何年もブログを更新していない場合もあります。
(時々は、事後報告をすると記述してあったにもかかわらず。)
ほんの1、2分でできることを行わないのには、何か意味があるはずです。
その方法が良いと紹介したのであれば、読者に報告する義務も発生するのでは?
読者が、誤った行動を起こさないためにも、その後を伝えて欲しいものです。


長期に効果のある治療法は、現在ありません。
将来的に問題を抱えないことが、大切ではないでしょうか?
大人になった時に役立つ事柄(語学?ダンス?)に注意を向けたいと思いませんか?
経験者の経緯を良く調べて!(危険な治療が行われてきた事を伝えてきました!)

大切な子供さんの先の先をみつめて、行動してください! お願いします!

タグ:子供
posted by ららららら at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする