2015年05月30日

No Treatmentで回復した人!(不妊治療やピルについて思うこと!)

以前コメントを下さったぷーこさんから再度コメントが入りました。
ステロイドパルスを勧められセファランチンも提供された方でした。
このブログを見つけて、ステロイドパルスも行わず、セファランチンも
止めた人です。順調に回復しておられるようです。

原因をいろいろと例示すると、一時不妊治療の経験があると言っておられました。
その時の医師との話しでは、ガンなどの副作用はないとの説明だった。しかし、
不妊治療を経験した方の中に、ガンの傾向がある方が出てきた。と今回の
コメントには、書いておられます。

私もこの7年半沢山の方のブログを見て来ました。円形脱毛症だけでなく
自己免疫疾患と言われている白斑やベーチェット、シェーングレン症候群
等などです。自己免疫疾患であることで用いられる治療法も似ています。
そこで気になるのは、ステロイドホルモン剤を中心とするホルモン剤です。

そして、最近は、円形脱毛症にステロイド内服を行った方に甲状腺がんの
方が多く出て来ている事にも気付いて来ました。

自己免疫が攻撃するべきもののとして、外部から大量に入って来たホルモン剤
などは、その最たるものと書いてきました。身体を守る使命の免疫は、身体で
ごく少量しか作られていないはずのホルモンが、しかも自分の物でないものが
入って来たならば、当然、攻撃を始めるでしょう。

40-50年前、ステロイド外用剤を大量投与されたアトピー被害の方に
ガンの発症が見られると発言しているアトピー訴訟で和解が成立した人。

人工的にホルモン剤が作られれるようになって、事故や手術の傷は
格段に早く癒える様になりました。それが、何にでも長期に大量に使われ
ることで、逆に人々の健康を害しているのではないでしょうか?

不妊治療は、便利な手段に見えます。自分の子供が欲しい人には
手軽な方法かもしれません。ピルも妊娠を避けたい人には
簡単な方法です。女性ホルモン剤を多量に使うこととなります。

それでも良く考えれば、不自然な方法でしょう?
そこで使われているホルモン剤は、自分の身体で作られたものでないのです。
使用の程度が過ぎれば、私達の身体を害することになるもの
として真っ先に挙げられるものとなるでしょう?



健康で安全な生活は、少し不便なものかもしれません。
それを選ぶことは、注意深いあなたにならできるでしょう!






posted by ららららら at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | no treatment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

今でも抜けているのかもね!

久しぶりに会った娘は、心配なことを言います。
今回も、「時々抜けているのかもね?小さいのならあるのかも!」
心配性の親は、会う度に髪の毛に目を向けて「あれ?あれ?」と
思います。その時々の角度で心配が大きくなったりもします。

若い人は、毎朝お風呂に入って髪の毛を整えているのでしょうか?
毎日1時間かけてカールをしてる?大変ですね!
7年前、髪の毛が抜けた時は、美容師さんから
「このままウイッグでも良いんじゃない?」と言われたそうです。
それには、気遣いも含まれていたのでしょう。先の事が見えなかったから?

抜ける前、かなりの量の髪の毛を持て余していました。今回、近くで見ると
その時と変わらない位の量がありました。「かなり抜けてるよ!」
「あちこちに落ちてるはずよ!」との言葉も自然の抜けと思えました。

「薬を使わないで!」と言ったもののちゃんと守ってくれるか?心配な
わがままさんでした。よく約束を守ってくれたなー不思議な感覚です。

その頃「ARKの小部屋」と言うブログを書いていた方にメールして
「ステロイドは、少しでも使ったら駄目ですよ!」と返事をもらいました。
20歳で全頭脱毛し、鍼治療だけで完治した人でした。「8年経過して小さな
脱毛も一つもない。」との話でした。その時貰ったメールを転送しました。
あの時のメールが、説得力があったんだ!親の言葉だけでは無理だったかな?
そんな風に思って、感謝しています。

娘の脱毛を調べて来て、医療について、良く調べて、自分を守る方法を
見つけて、行動する必要を感じました。
世界を動かしている得体の知れない大きなもの!
本来あるべき理想に近づかない理由!が見えてきました。

円形脱毛症には、長期に有効な治療法はありません。しかし、
自然に治る(self limiting)病気です。(風邪もそうでしょう?)

no treatmentは、その先に、心配な副作用はありません。

大きく目を見開いて、慎重に行動してください。
子供さんの場合は殊更に!


タグ: 抜け
posted by ららららら at 13:57 | Comment(14) | TrackBack(0) | no treatment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする