ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウンhttps://www.pointtown.com/invite?id=BdeAphQwd4Aet

2015年04月08日

ステロイドやSADBE!危険な治療は止めましょう!

危険な治療を行っている人が多い事に驚いています。


若い人々は、生まれた時から便利な生活を行っています。

エアコンが、夏の暑さも冬の寒さも忘れさせてくれます。

PCで料理のレシピも病気についても調べることが出来ます。

風邪やアトピー、喘息、生理痛の時も薬を便利に使います。

もちろん、円形脱毛症になった時にもと思います。


しかし、情報過多の時代!良質な情報に欠けています。

同じ様な病院に行こう!薬を使おう!との意見は無数に有り!

無思慮に薬が処方されています。


ステロイド内服は、膠原病の治療に用いられている治療法で、骨粗鬆症、

糖尿病などの副作用があります。膠原病の方のブログを読むと理解できます。

手、足の骨折や大腿骨骨頭壊死、顎関節症など次々と出てきます。脱毛も!


多くの方のブログを見ると、幼い子供の時にもステロイド内服薬を

処方されていた過去の歴史があるようです。以前患者会の人に

「自分の子供にも内服処方しますか?」との質問を会の医師にしてもらい

「15歳以上の子なら内服治療をする」との回答を得たことがあります。


円形脱毛症の方でも医療の仕事をしている人なら知識があるので、

慎重に行動しておられると思っていましたが、逆です。驚きです。


ステロイド内服もSADBE治療も積極的に行っている例が多いです。

看護士さんは、毎日処方されているのを見てるので薬に抵抗が無い様です。

ある方は、妊娠中も授乳中も内服しておられたようです。止めた方が良いとは

言われても本人が望めば、処方されています。その方は、ブログに経過を

記してくださっています。皆さんが知るべきです。是非読みましょう。

(アトピーのステロイド被害で和解が成立した方は、当時ステロイド外用剤を

大量に投与された方々に、最近ガンの発症が見られると書いておられます。)


ステロイドの発毛効果は、大きいです。止めると抜けるので、使いたいと

続けている方は多いです。


なぜ、その先を考えないのでしょう?

医療の側は、なぜ明確に伝えないのでしょう?

止めさせないのでしょう?


民間治療でも表面的には、「ステロイドは危険だ!」「うちは使っていない!」

と言いながらステロイドかな?と推測される治療もときどき見かけます。

長年その治療を行っている人のブログを見つけ、その長期の結果を複数見て

判断しましょう。5年以上の経過を書いている人は、いますそんな例を。

かぶれ治療は、4-5年維持できる場合もありますが、完全に治るのではなく、

常に抜ける部分があるそうです。長期の結果を見ましょう。


個々の治療ごとに処方量や期間など統計的に記録して判断します。

一時的な発毛は意味がありません。長期に効果的なものを探します。


我が家の場合、no treatmentが一番効果的だと判断しました。

posted by ららららら at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

経口避妊薬ピルについて、良く知る必要を感じませんか?

多くの円形脱毛症の原因は、アトピーや花粉症の時の喘息のステロイド。

そして、生理痛(月経困難症d)の治療、不妊治療の時のそして最近多い

更年期障害治療の女性ホルモン剤と考えています。

大きな括りで言えばホルモン剤。


沢山の円形脱毛症の方の例を統計的に見た素人の個人的な意見です。

(あなたの出生前に両親が膠原病等でステロイドを使っていなかったですか?)

(最近コメントを頂いた方はホルモン剤は使っていないと言っておられましたが。)


日本では、ピルについては、公には、話しませんね。しかし、多く使われています。

テレビや雑誌の情報が関係しているのではないでしょうか?


(特に若い人々は薬を使う生活に抵抗が無いようです。)

女性ホルモン剤を多く使っているピルも円形脱毛症の原因の一つと考えるのは、

当然の事でないでしょうか?

(追記:その成分であるエストロゲン、プロゲステロンを調べたら、

副作用として、肝機能異常、消化器症状の他に脱毛、多毛も出てきました。)


経口避妊薬は、第1世代から第4世代までに分類されているそうです。

合成エストロゲン(卵胞ホルモン)と合成プロゲステロン(黄体ホルモン)の

配合剤で、それらの開発や市販の時期により分類されている。


第3、第4世代の薬は、第1、第2世代に見られる体重増加やニキビなどの

副作用が少ない様にと開発されたようです。新薬は血栓などの副作用の確率が

高い事が問題視されていますが、高価な新薬の方が医療側に好まれる傾向も

あるようです。


(吹き出物が沢山出ていると言う円形脱毛症の方の事を思い出しました。

局所免疫療法はしておられません。)


国によって事情は様々ですが、アメリカでは、バイエル社が第3世代

経口避妊薬ヤーズ、ヤスミンによる深部静脈血栓と肺血栓に関して

訴訟が起きています。約3500件に対して7億5000万ドル(約900億円?)

を支払っているそうです。

更に3500件が係争中とありました。(2013年4月の資料です。)


フランスでも、第3世代経口避妊薬の健康被害が起きました。脳卒中による

半身不随でバイエル社と医薬品安全庁が提訴された。以前から第3世代第4世代

経口避妊薬を第一選択肢にするのは第1第2経口避妊薬に問題がある場合のみ

とのアドバイスはされていた。が、2013年4月からは第3、第4世代の経口避妊薬には、

保険医療システムで償還されないと公表されているそうです。


日本では、アメリカで問題になった第3世代経口避妊薬ヤーズが月経困難症

の治療薬として使され、2012年には、58.3億円が使われたそうです。


2014年1月厚生労働省は、因果関係の否定できない血栓症による死亡が

3例報告されたこと。そこで、ヤーズ服用患者に血栓症が疑われる症状が

現れた場合には、投与を中止するようにとの警告を使用上の注意に

含めるようにした。


日本のものは、消極的な注意喚起で、フランスの様な積極的な危険回避

ではありません。(気付いてない人も多いでしょう?)


将来ある若者には、ピルについて、様々な方向で調べて、安全な生活を

送って欲しいものです。円形脱毛症を調べて来てその原因ではないかと?

感じています。更には、血栓症の心配もあります。残念な思いがあります。

posted by ららららら at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする