ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウンhttps://www.pointtown.com/invite?id=BdeAphQwd4Aet

2014年09月28日

確信しています!円形脱毛症の原因!

最近は、更新していませんが、娘の髪の毛は、変わらず順調です。

円形脱毛症についての考えは、このブログで明らかにして来た通り

変わりません。長い時間、更に多くの方のブログを見てきましたが、

アトピー、花粉症、喘息の時のステロイド(副腎皮質ホルモン剤)や

不妊治療の、避妊のための、生理痛の時の女性ホルモン剤、出産時の

陣痛促進剤等など、ホルモン剤の使用が、免疫を狂わせていることを

確信してきました。


特別の治療法はありませんが、普通、ステロイドなどの原因が

体から抜ければ治るはずです。


学会で一押しのSADBE治療で4、5年髪の毛の抜けを長い髪で隠して

来られた方も限界が来ておられます。この治療の場合、完全に生え揃う

ことはなくあちこちの抜けが、常にあるようです。SADBE自体は、

人間の身体に使う為の薬ではありません。工業用薬剤。


紫外線療法で生えたとブログで伝えて多くの方がそれに従った例もありました。

その方は、時々は更新すると約束の言葉を述べられていました。

しかし、髪の毛の抜けが気になる。予防に漢方薬でも飲んでみると

最後の記事を書き、その記事をメンバー限定記事に変更されてから

2年以上、何も記事を載せておられません。


学会で推されているステロイドの頭部への局部注射は、痛みが強く、

止めると抜ける。と多くの方が一定期間中止されています。


最近見る記事には、長年ステロイド内服を行い、体のことを考えて

止めた方がいました。ステロイドの威力の強さを感じておられる。

薬を止めると、抜けが激しくなったことを述べておられる。複数の

方が、将来を考えて止めておられます。最初から、そのことを伝えて

患者の身体を守るのが、医療者の務めでしょうに!本人が希望しても、

何が大切か、どれだけの事柄が将来的に起きるかもしれない事を

明確に伝えるべきでしょうに!


いろいろと治療して、「生え際や襟足、耳の上はもう生えません!」

等と言われた方がいることを考えるととても残念です。


円形脱毛症は、免疫を抑える作用のある様々なホルモン剤が影響

していると思えます。治療にも使われる薬ですが、一時的には

免疫の暴走を抑えることができても、長期的には、免疫を狂わせる

ものと言えます。


花粉症やアトピーなどで薬を使いたくなりますが、何とか抑えて

生活出来るように工夫しましょう。

タグ:CAUSE hormon
posted by ららららら at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする