2014年06月11日

禁忌とされている薬の投与!

2014年2月。東京女子医大での事柄です。
検索してよーく事情を理解してください。

今年2月に2歳児に行われた首の手術。
7分で終わった本来、命にかかわらないはずのもの。
しかし、容体が急変し、死亡した。
東京女子医大の医学部長と執刀医が病院を告発している。

麻薬であるプロポフォールをICUで4日間投与された。
人工呼吸中に投与するべきでないもの。
4日間で計10回。大人の使用量を超えて!

なぜこのようなことが起きるのか?
この薬を使うと1分以内に意識を失うそうです。
どうやら睡眠薬として使われたようです。

病院からは、反論が出ています。

詳しくは、ご自分で!


今、医療では、何が起こっているのか?
良く理解して行動すべきことを物語っていませんか?


円形脱毛症について調べ始めて7年!
本当に、長期に効果的な治療は、ありません。
それでも、何もしなくても治るのです。
「無闇に治療しない!」
と言う(BAD英国皮膚科医の協会の)言葉。

治療が治癒を妨げていると思う例が多いのです。

posted by ららららら at 09:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする