モッピー!お金がたまるポイントサイト

2014年03月26日

科学的?科学至上主義?


科学的な事が好きと言う人が多い。

現代医学がいかに偉大か!と思っている人が!

いろいろと発見や提案はありますが!

本当に役立つかは、それが実用化されて実証されるまでに何十年もかかります。

後にその害が見いだされる事も多いです。



或る人は、学生時代に月面の様な、でこぼこの肌になりました。

その人は、ごく普通の食生活をしていました。

学校には何百人もの生徒がいましたが、

その人しかその様な肌をした人はいませんでした。

ですから、ニキビができ始めた頃、ステロイドをかなり使ったのではないかと思われます。

当時、ステロイドは日本で使い始められたばかりで、普通の人では手に入りませんでした。

その人の父親は医師で、母親は薬剤師でした。



その頃、長年原因不明の病が薬害だとわかりました。

その人の母親が、その薬を使っていたそうです。

その医院に通っていた患者の症状や害についてはわかりません。

が、新しい薬を使う事が素晴らしいという家族の感覚が窺い知られた。

その後の事は詳しくはわからないが、その母親は膠原病で65歳で亡くなった。

日本の女性の平均寿命からすると短い生涯であった。

家族や親族は、医療関係者が多かったのに。


また、或る人は、アトピーで長年苦しみ、ステロイド治療等いろいろと行った。

長年の苦労をネット上に表していた。


ステロイドを使うようにとの親の指示で長年使ったが、

一定の期間の後、ステロイドが原因なのではないかと気づいた。

しかし科学関連の仕事をしている親は、

「科学を信じないのか?」とステロイドを更に使うことを強いた。


長年苦しんだ後、、彼女はステロイドを使うことを止めた。

親とは一時、連絡を取らない状態であったが、その後、

その人を苦しめた原因がステロイドにあったことを親が認めて和解した。

その方も科学関連の仕事をしており、

その後、アトピーの人を援助する活動をしておられたはずだ。

それからの状況は見つかっていない。



科学が発達して、私達は、その恩恵を受けている。

しかし、それらが必ずしも役立つものではない場合もある。

素晴らしい!と評価されるものも、その使い方で危険な物にもなり得る。

ステロイドが合成されるようになって、事故の時の怪我は格段と治り易くなった。

しかし、何にでも、長期に大量に使われると問題が出て来ます。

メディカライゼーション=病気作り という図式の話を聞いて驚いたのは、

娘の円形脱毛症発症でいろいろと調べ始めてからだ。



科学が!医療が!が好きな人々がいた。

結構古い時代の人々だ。その人々には憧れだったんでしょう。

そんな時代があった。

科学的であることを絶対的に思い、信じて専門職とする人々がいた。

もう遠い昔の事!


そして、科学の力を盲目的に信じる現代の一般の人々もいる。

実際に科学が成し遂げた事を見ているのだから仕方がない!

それでもマイナスの面も見なくては!

何も調べずに
テレビや新聞で騒がれるものを積極的に用いたいとする人。


しかし、専門職の人は、そのマイナス面をしっかり理解しているはずだ。

仕事を維持するために、利用せざるを得ないが、大きな矛盾を抱えていることを。




そんな時代ですが、

冷静に!よーく調べて!行動できるようにしたいと願っています。








posted by ららららら at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

SADBE治療の副作用!リンパの腫れ!実例が二つ!


SADBE治療をなぜ行うのか?いつも残念に思っています。

一応、髪の毛が生えて、長ければ5、6年維持できるので、

病院としては、魅力があるのでしょう。

アメリカ全土で行われていない治療
NAAF says about Topical Immunotherapy that these treatments are not available every where in the United States although they are used frequently in Canada and Europe.

人間の身体に使う薬としては、認められていない工業用の薬剤

副作用は、リンパの腫れ白斑湿疹皮膚の剥がれ

多くの方が乾燥しすぎて大変とか湿疹が酷いなど書いておられます。

NAAFの過去記事には、首のリンパの腫れについて、

「そんなものを突き出している人は見ないでしょう?でも、傷つけているのです」

と述べて、手術などでそれが目立たなくしている事を示唆していました。

最近、ブログを書いている方の中にも、その様な症状を示す人がいました。


一人の方one womanは、昨年4月に首の後ろに3cmくらいの脂肪の塊が出来て

手術したとおっしゃっていました。SADBEの副作用でないか?とお伝えしましたが、

他のお友達も、腕と頭の上に脂肪腫が出来て取ったので、深くは考えていない

とのことでした。


もう一人の方another oneは、最近、ブログに書いておられます。首の周りに2cm大の

しこりが2つ出来てSADBEの副作用side effectとして観察と述べておられます。

首の周りには沢山のリンパ節があります。


その作用の意味やSADBEがどんなものか、今一度よく考えて欲しいと思っています。

勿論、以前記事にしたSADBE治療で白斑を発症した方の事も思い起こしてほしいです!

Please remember the other side effect VITILIGO.