2013年10月28日

エキシマexima?アポトーシスapoptosis?本当に適切?


10月22日の新聞には、
日本の医療機関には製薬業界から昨年4700億円の資金提供がされている事。
中でも研究開発費が最も多く2438億円。その4分の3は、薬の承認を
得るために行う治験などの臨床試験費だった。大学などの研究機関に
国など公の資金提供が乏しく、製薬企業に依存していることが載せられていました。

上記に関しては先に記事にしました。(5月23日ディオバンの記事

10月22日の夜、(正確には23日の早朝)
NHKスペシャル「終わりなき被爆との戦い」~被爆者と医師の68年~ 
の再放送を初めて見ました。
(ネット上に情報があると思います。お調べ下さい。)

原爆投下による被爆。投下直後の多数の被害者。
10年後には、生き残っていた人々が白血病で亡くなり
(広島平和記念公園の像になっている被爆者の少女等)
白血病は、25年で減少収束していると思われていた。

しかし、さらに40年以上経過して第二の白血病と呼ばれる骨髄異形成症候群MDS)の患者が増えていると言う。
爆心地からの距離が短く、浴びた線量の多い程発症率が高くなるとも言われている。

MDSで5年前に亡くなった女性患者は、「原子爆弾が私の身体の中にいる」とその異変を語っていた。
ある医師は、「1回の時限爆弾なら良いが、2つ目、3つ目の時限爆弾がある。
それをどう乗り越えて行くのか心の不安はしっかり我々が受け止めなければ
ならない」と現役引退後も昔からの患者を訪れている。

人の細胞に放射線を浴びせると細胞死亡と呼ばれるアポトーシス(apoptosis)が
発生する。最近の研究でアポトーシス染色体の傷に原因があると判った。

広島大学病院、長崎大学、放射線医学研究所でもアポトーシスに関する研究が
行われている。染色体分析の最先端情報からアポトーシスを抑制する効果の
あるもの
を調べる研究等など。

米国円形脱毛症基金NAAFのホームページには、エキシマレーザーを用いた
治療の為の臨床治験をある会社と共同で行っているとあります。上手く行けば、
FDAの円形脱毛症認可治療の第1号となる可能性もあるとも述べています。

日本のある病院は、円形脱毛症のエキシマによる臨床治験についてPUB MED
エキシマ治療は(免疫細胞)T細胞の死アポトーシスapoptosisを導くことのできる
安全な治療として報告しています。(2010年2013年。)

アポトーシス
現在、様々に議論され、積極的に使われている言葉。
傷の修正を行っていた細胞が修正しきれずに自ら死ぬ。積極的死。
突然変異や障害を負って異常となった細胞を排除する生体防御の意味も含む。

円形脱毛症においてのエキシマ治療素人の私には、単に強い光で免疫を
壊しているだけにしか見えないのですが・
・・。免疫細胞をアポトーシスさせる?
短期の効果はあるかもしれませんが、長期の身体への影響をどのように見るのか?
現在、なぜ認可されていないのか?
原爆症では、アポトーシスを抑制するものを探している。



医療機器の会社と円形脱毛症基金や研究機関の連携?それがもたらすものが何か?
しばらく、眺めてみましょう。





 



2013年10月11日

毛髪は、危険物を排泄する器官です!「水銀に関する水俣条約」の採択から!

今年、10月10日、水銀に関する水俣条約締結された

私達の現代生活に、あまり関係ない事のように思いますか?


世界で初めて、水銀による公害というものが理解されたのが水俣病です。
それまで、水銀が毒性を持つなどとは思われてはいませんでした。

水俣で魚を食べた人々が、神経の侵される病気になった。
原因物質が判らないと漁獲制限も工場排水制限も行われず患者は増え続けた。
工場排水による有機水銀中毒が疑われたが、工場学者政府行政
原因を隠し有効な対策を取らなかった

とても長い時間を経て、患者認定補償が行われたが、重症患者だけの認定

全面解決したかのような報道が何度かされていますが、今でも問題は残っています
水俣湾底質中に今も残る水銀

1974-90年までに行われた修復事業で、高濃度の水銀を含む底質は除去された。しかし、その後、残留する水銀の調査はほとんど行われていない

ある調査によると、水俣湾底質約700kgの水銀が残留している事が示唆されている。

埋め立てた水銀ヘドロと海水は、鉄の仕切りで遮蔽されていると言う。しかし、
鉄の仕切り50年しかもたないそうだ。

患者の症状も改善されてません水銀かなりの部分排泄されたはずですが・・。


2011年に起きた原発事故による問題似通っています
企業、国や行政、学者は、問題を隠し過小評価解決したかのように扱う
大きな問題を直接関係ない人々は見ないふりをする。
しかしすべての人に大いに関係しています。


円形脱毛症
で訴えていることは、毛髪が抜ける事は、身体にとっては、大切なこと
必要な事であって、それを恐れるべきでない。その原因は何か?よく考えるべきこと。

水俣病でも、毛髪から水銀が出て行き脱毛したようです。新潟では、水俣のデーターにより毛髪中の水銀量を基準に出産制限が行われ、胎児性水俣病患者が発生しなかったそうだ。

毛髪は、頭を紫外線や外部からの圧力から守る以上に、排泄と言う大きな機能があります。円形脱毛症の脱毛の際もいつの間にか体に入ってしまった危険物の
排泄が行われていると考えられます。排泄が終われば、元の髪が生える。
不要な薬剤を更に入れない!危険な治療をしないことが大切だと考えられます。

現在行われている学会でB評価の治療は、ステロイド局注と局所免疫療法。
(局所免疫療法とは、SADBEやDPCPを使う治療です。A評価の治療は無い。)

排泄と言う観点で見れば、ステロイドは、基本、初期の段階でかなりの部分が
排泄される。しかし、微量でも私達の身体に大いに影響があるとみられる。

以前記事にした報告によるとDPCPの治療では、DPCPが、尿や血清中に、
排泄されている様に見られないとありました。それでも体中に広がると。
アメリカ全土で適用されていないと叫ばれている局所免疫療法。
リンパの腫れや白斑の副作用がある。ある期間を経ると効果がなくなると
言われている。人の身体に入れる為のチェックがされていない工業用の薬剤。
髪の毛が一時的に生える確率は少し高いようだが、この様な治療が
なぜ推奨され当たり前の様にどこででも行われているのでしょうか?
理解に苦しむのですが!

リンパが腫れる危険な物なのに、排泄が行われていない?

なぜ?そんな治療を望むのでしょうか?

昨日の国際会議で締結された「水銀に関する水俣条約」
水俣の様な水銀による被害が出ない様にと世界の国々が締結した。

それでも、次々と私達の周りには危険な物質が存在します。せめて、私達が
理解できているものだけは、身体に入れない工夫をして行きたいと思います。





posted by ららららら at 09:43 | Comment(27) | TrackBack(0) | 円形脱毛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする