ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウンhttps://www.pointtown.com/invite?id=BdeAphQwd4Aet

2013年02月12日

子供の脱毛症!原因は、不妊治療のホルモン剤?ピルのホルモン剤?


幼い子供の脱毛症AAは、不妊治療infertility treatmentピルpillなどのホルモン剤hormone drugが関係しているのでは?
と以前から少し控えめに伝えていました。(デリケートな問題ですから。)

しかし、最近、不妊治療をしている人が、びまん性脱毛症を発症している例を沢山
見ました。驚くほど多いです!中には、生まれてきたお子さんがすぐに発症と言う例も
あります。若い方(30代前半?)が多く、みなさん、ブログを書いておられますので、
発見し易いのですが・・・。
治療している場合、更なるステロイドホルモンの使用もあります。注意が必要です。

不妊治療は、大量ホルモン剤一時的に使用します。体への影響、胎児への
影響
もあるでしょう?短期間に終えれば良いですが、長期に渡って行われるなら
投入されるホルモン剤の量はいか程でしょうか?

円形脱毛症は、原因不明だからどうしたら良いか解らない!と言っている人も
多いですが、病気で使っているステロイドが原因と理解している人もかなりいます。
自己免疫疾患には、ステロイドなどのホルモン剤が多く使われています。
多くが脱毛の症状を持っています。

今の医療は、薬を使う事で報酬を得ます。薬を提供することで成り立っています。
「副作用はありません。」と使われている薬の本当の事を知らずにいる人は多いです。
「日本では、医者が信頼されているのですね。」と言う医師の言葉を思い出します。

何でも鵜呑みにしないで苦手な勉強もして、調べてみましょう!
英文の資料もネットで見る事のできる便利な時代です!
辞書は要りません!ネット上の辞書があります!
自分の身体に入れるものは、きちんと調べましょう!


no treatmentは、何の副作用も無い良い治療です。
睡眠や食事を整えて楽しい運動を取り入れましょう。
危険な治療を避ける事が肝要です。

posted by ららららら at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | no treatment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする