ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウンhttps://www.pointtown.com/invite?id=BdeAphQwd4Aet

2012年03月14日

円形脱毛症 後悔しない治療!


以前、若い方の乳がんについて調べて記事にしました。

そこで、見つけた渡辺容子さんの本です。

乳がん 後悔しない治療 よりよく生きるための選択

作者は、5ミリのがんを発見した時も転移を発見した時も

治療せず、急速に症状が出た?大きくなった?と感じた時から

治療を始めたようです。(どうしても読んだものの主観が入り

間違いもあるかと思います。径書房の書籍をお読みください。)


ガンは初めは10ミクロンの大きさ。分裂を繰り返して、5ミリに

なるまでにこの人の場合は、18年かかったと思われる


転移した時の大きさから転移ガンは、最初のがんが誕生した

後に発生したとしても、最初のがんの発見のかなりの年数前

に発生している。


5ミリでの発見だ!早期発見!完全に切れば完治する!

と思うのは間違いであることが判る。


ガンには、何年もおとなしくしている良性のものと急速に進むものが

ある。自分のがんの進み方を見極めて判断する。様子見る事が大切。


この方の場合、残念ながら、進行してきたので、治療を開始した。

自分で判断して、無駄な治療や投薬を避け、自分の治療を選択できたことが

良かったと思っておられる。勿論、近藤誠医師の助言など支えがあっての

判断です。


医療の世界からは、早期発見!早期治療!と叫ばれていますが・・・。

賢く判断するとは?何なのでしょう?


同じ様に、円形脱毛症の治療も後悔しないためにどうすべきか?

よくよく考える必要を感じます。


危険な治療がほとんどです!未だ危険性が明らかにされていないが、

強力な作用を使うものもあります。


一時的な事ではなく、将来をよく考えて行動したいものです!


子供の治療は特に慎重に!


posted by ららららら at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

円形脱毛症の治療 ステロイドパルス?ミオパチー?

大人の円形脱毛症の場合、

ステロイドパルスステロイド内服を行うことに

医療側は躊躇しない?のか慣れきってしまっている?

沢山の人のブログなどからそのように感じます!


ステロイドパルス治療について以前の記事

「ギランバレー症候群?」の記事で書いていますが、

再度、警告したいと思います。

(ステロイドパル検索からのアクセスが多いのです。)


2009年の毛髪科学研究会の報告に

当科で経験した難治性円形脱毛症に対するステロイドパルス療法

についてがあります。


ステロイドパルスは、早期の多発には有効性が報告されている。

しかし、ステロイドパルスには、全身的な副作用の可能性がある。

十分な注意が必要だ。


と経験を通しての報告です。

円形脱毛症のステロイドパルス治療で

神経が侵され、一時、車いす生活になった方の例です。

回復して生活しておられるようでしたが、

完全回復するかは、当時は、まだ判らないとのことでした。


いろいろ調べても解らず、

病院からは、ギランバレー症候群だと言われたようですが、

旧厚生省のステロイドの副作用の記録にもある

ステロイドミオパチーの可能性が高いと思います。


このような治療をする場合には、この事実をよく理解して

行動されるようにお勧めします。

最近、ベーチェットの方が神経ベーチェットになったと

書いておられました。

ステロイドパルス療法についてよく考える必要を感じます。

命を救うためにはと、膠原病に使われていますが、

最善の方法なのか?疑問を感じています。