2010年10月29日

円形脱毛症 若い人のsadbe治療!なぜ多いのでしょう?

今まで調べた経験から、治療をしないで様子を見ることをお勧めしています。
原因を考えてそれを取り除き、睡眠や食生活を整えることです。


日本の多くの方には、ステロイドが関係していると感じますので、(かなり以前のものの
蓄積も関係している、あとぴー鼻炎喘息花粉症)使用をやめる事と生活を整える事で、
初めての場合、完治することが殆どだと思っています。殊に十代後半以上の人の場合には!

何もしないことがベスト!BAD(イギリスの皮膚科医の協会)のガイドラインでは、
危険な治療をするよりはとno treatment第一選択肢に挙げられている。

最近は、積極的に治療する人が多いようです。
一番の心配は、治療によって治らなくなる可能性があることと他の深刻な病気を
抱えてしまう
こと!

ステロイド外用、内用、パルス:骨粗しょう症による骨折糖尿病高血圧、失明、鬱
紫外線療法           :皮膚がん白斑
免疫療法 
            :リンパの腫れ白斑その他(胎児への影響などが未知)

年齢の高い人たちは、代謝が良くないため?危険な治療に耐えうるようですが、
若い人達には、危険な治療の影響が大きいように感じます。それで、危険な
治療はやめて!
と叫んでいます。

免疫療法は、薬でない人体への影響がチェックされていないsadbedpcpを用いる。)
時々、sadbe治療を始めている人のブログにもよく調べるように書き込みます。
最近は、そのような人たちの間で、グループが出来ていて、激しい拒否反応に
出会います。まだ間に合うからすぐ止めて!と思って書き込んでしまうのですが。
同じ様な文面での拒否が多いです。

金髪の美容師さんのブログに書き込んだ時は、投稿し確認した4,5通の
コメントの内、いくつかは、消され、一部だけが、掲載され、流れも何も判らなく
なってしまっていました。

自分が真剣に取り組んでいるのにと不満なのでしょう。それも解るのですが、
取り返しのつかないことにならない様によーく調べてみて欲しいのです
年齢的には、自然に治ると思えますから。自分で害を加えないでほしいのです。

様々な病院が局所免疫治療を行っていますが、効果を急ぎ過ぎているのか、
濃度の上げ方も、ちゃんとしているなと思う機関がありません。以前、あるブログの
掲示板で丁寧な治療を見ましたが・・・。最近そのような記述に出会いません。

以前記事にしたイタリアの少女は、白斑が出ましたが、丁寧な治療、治療を
止めたら、白斑が消えました


順天堂も、少し前までは、免疫療法は行っていません!と言っていましたが、
最近は、しているようですね!他にこれといった治療法がない為でしょうが・・・。

日本の皮膚科では、長期に有効な治療法がないことやそれぞれの
治療の危険性明確に述べていません。それでも、
免責の為に署名は求めるのでしょうが・・・。

説明の時に、断わって、録音させてもらったら良いのかもしれません

科学は進歩してる!最新医療は凄い!思っている人々は多いです。
特に若い人々は、そうなのかもしれません。権威ある大学教授弱いかも知れません。

しかし、この50年の間に、多くの薬害が発生してきました。
過去の薬害とそれに関係した医師、役人。
大概は、既知のもの!判っていたけど・・・!利益が優先された!

残念ながら人間の考えるものは、何かが足りなかったり、虚偽に満ちていたり
そのようなものでしかない様です。注意深く行動することは、とても大切なこと!
その様に理解するには、経験が必要です。若者には難しいかもしれません。
それでも、多くの人の体験を調べて、導き出して欲しいと思います。
今の時代、どんな資料でも出てきます!調べましょう!

タグ:SADBE 若者

2010年10月15日

がんの原因は真菌!視点を変える!

娘が回復してかなりの時間が経過しました。

ネット上の情報をコピーして凄い枚数の紙の束が積み上げられました。
病院に行ったその日の午後には、薬を使わないで!と
治療方針を決定できました。
が、裏付けとなる情報を求めて調べまくりました。予測が確信できるまで。
回復してすぐに、一度再発した時には、慌てました。しかし、今では、
何度か繰り返すことがあっても薬など使う必要はありませんよ。」と
言うことができます。危険な治療ばかりですから。

様々な経験を総合的に判断して、現在使われている治療法には、
効果がない
事がわかりました。そして、何もしなくても、自然に治る
可能性がある
ことが、わかりました。arkの小部屋の20歳女性の治癒の経験は
とても心強いものでした。基本的には鍼灸を主な治療法と言っておられます。
NAAFでは年齢の高い人は、治癒する可能性が高いことを知りました。
米国の30代40代の人が治り易いのなら、薬の使用の少ない日本人なら
もっと若い人でも治る
と思いました。また日本の30代40代の人は
様々な治療法でも治って
おられます。(危険な治療に耐えうるように見える。)
そのことからも何ももしないことが、最善であると結論付けました。


長い時間何もせずに待つことは、辛いことでした。反対する意見にも
たくさん出会いました。しかし、納得できる治療法が見つからなかったのです。
危険なものばかりでした。

先回、がんについて記事にしましたが、2,3か月前にがんについての
新しい見解
を知りました。なぜ長い時間気づかなかったのか不思議です
日本人は語学ができないので知らされてこなかったとか?そうでしょうか?
知らせないようにという動きがあったのかもしれません。

イタリア長年がんを研究してきた医師の意見です。その医師の名前を冠した
病院
が、反対にめげず、日本で設立されるべく、準備が整っているそうです。
まずは、ビデオを見て判断してください。
http://www.chironcology.com/


簡単に言えば、百年の歳月研究されて理解されなかったがんについては、
これまでと違う新しい考えが必要である。

この医師の長年の研究の結果がんの原因は、カンジダ菌のような真菌であり、
治療も重曹(炭酸水素ナトリウム)を用いて、今までの治療と比べると、とても容易に
治癒できるという考えです。

相応しい薬開発されれば、一日に一、二錠の薬で
治療可能ともいうもの。実際に多くの種類のがんに適用され、9割が治癒とか。
実際の治療時のがん細胞の変化もビデオで見ることができます。
サイトをじっくりと調べることをお勧めします。

今後の展開が期待されます。

円形脱毛症は、自己免疫疾患と言われていますが、私は免疫が正常に働いていると
思っています
。体の中に何か免疫が働く要素があると思ってきました。

円形脱毛症についても、旧来の考えから脱する必要があると思っています。
長期に有効な治療法が無く、危険なものばかりだからです。

以前紹介した湿潤療法夏井先生は次のようにおっしゃっています。

最近、自己免疫疾患本当に自己免疫が原因なのか、と考える医者が少しずつ
増えているようです。自己抗体が「原因」なのか「結果」なのかは、自己抗体だけ
見ていてはわからない
。火事の現場に少年ジャンプの燃えカスがあったからと言って、
ジャンプが火元というわけではありません。

円形脱毛症についてはよく知りませんが、もしかしたら
現在の疾患概念=自己免疫疾患自体が間違っているため、
治療がうまくいっていないという可能性
は否定できないと思います。

例えば、アトピー皮膚炎の9割ほどは、簡単に数日で治ります
アトピー性皮膚炎の疾患概念、アトピー性皮膚炎の治療の常識を
知らない医者にしかみえてこないものがあり
アトピー性皮膚炎の
専門家に見えないものがある
のでしょう。

世界的な発表にあるように現在長期的に効果のある治療法はありません
危険なものばかりです。よく考えて行動する必要を感じます。
原因である何かを取り除くことが大切と考えます。娘の場合は、蓄積された
ステロイド剤の影響だった
と思っています。
posted by ららららら at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする