モッピー!お金がたまるポイントサイト

2009年11月13日

円形脱毛症 患者会ってなんでしょう?役立つものでしょうか?

最近考えるのは、
患者会って何だろう?と言うこと!
いくつか日本にも存在しているのですが、役立っているのでしょうか?

確かに長い間患っている人達が励ましあって元気になっているなら、
一つの点では、有効なのかもしれません。


しかし、アメリカの患者団体NAAFでは、明確に
この病気の治療法はない!
病気自身が、offにするだけだ!
と述べられています。

Cochrane Libraryの最近の調査でも、(円形脱毛症治療ガイドラインX)
安全で、長期に渡って有効な治療法がないことがわかっています。
ある薬は、塗ると毛が生えなくなることもあるとも述べられています。

今、流行っているかぶれ治療について、以前記事にしたように
◇アメリカ全土で行っていないとNAAFは、述べています。
カナダではDPCP治療をする際に最初に渡す資料の紙には
1.実験的な薬剤で人間用の普通の治療薬ではないこと。
2.カナダ政府の保健省(CANADA HEALTH)の認可を得たものでないこと。
3.副作用に深刻な色素脱リンパの腫脹があること。
4.女性は避妊してこの治療をすること。
5.すべての人に有効ではない
6.円形脱毛症を完治させるものではない
7.これらを納得したことを署名すること。
を明らかにしています。

BAD(British Association of Dermatologist)は、
危険な治療をするほどこの病気は健康に問題がない
no treatmentwigを治療法の最初に挙げています。

患者のための会であるなら、ホームページのトップに、この病気になったばかりで
驚いている人が、すぐに情報を得て、治療するべきか、しない方が良いのかを判断
できるように、するべきです
危険な治療から患者を守るべきです
そして、自然治癒一番の治療法であることを伝えて欲しいとも思っています。

二番目に、長く患っている方々の情報交換励まし合う場作りが必要です。

難病の認定についての署名活動を行っている会もあります。
その絶対的な枠が小さいので現状では無理ですが、もし認定されて
治療が無料になれば、危険な治療を行う人が増えて健康を害しないかと心配です。

ウイッグに対する補助は英国では行われているようですし、米国でも税金の免除の
形が採られているようですので、日本でもこの点は認められたら良いとは思いますが・・・。

本当に必要な活動が、行われていないと思うのです。
患者のための会であるなら、治療の危険性や有効な治療法が無い事は
明らかにするべきです。

本当の患者の為の存在ではなく、治療を行う側の為のものの様に思います。

患者を増やす為の、危険な治療を行ったことに対する責任を逃れる為
薬を沢山使う為の、ウイッグを使う人を増やす為の、育毛剤研究の為
存在であるなら?

(それから、蛇足ですが、毎年の会計監査や報告がなされているのでしょうか?)

素人考えの勘繰り過ぎでしょうか?
杞憂に終われば良いのですが・・・。
正確な情報が表に出ないことには、大きな要因があると思いませんか?

NAAFについても、方向性が変わったなと感じる時点がありました。)
(この点も、以前記事にしました。)
posted by ららららら at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

動物園のクマ!謎の脱毛!

最新yahoo newsヤフーニュースによると
Germanyドイツ東部ライプチヒ動物園で飼育されているクマが、
原因不明の全身脱毛に悩まされているそうです。

メスfemalebearクマ3頭体の毛の大半が抜けた
はっきりした原因がわからず困っている。
痒みもあるようで、飼育員が軟膏を塗っている。

全身の脱毛メスが3頭
人間の円形脱毛症女性がなる確率が高いです
与えられているなどから原因が判れば
人間の円形脱毛の解決
にも繋がるかもしれませんね!
posted by ららららら at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする