モッピー!お金がたまるポイントサイト

2009年09月24日

民間療法?健康食品?プロポリス?

円形脱毛症は、治療法がないと言われています。
しかし、自然に治るとも言われています。
娘の場合、9割抜けましたが、何も塗らず、飲まず、治癒しました
自然治癒した若い方の例は、15歳の男子が、います。全身の脱毛の方

免疫力を高めるため、健康食品を求める方もいます。
ある方は、プロポリスを飲み始めたとおっしゃっています。

プロポリスは、蜂が、自分の巣を細菌や外敵から守るため植物の新芽や蕾、樹皮
からとられる樹液や花粉と蜂の体液を混ぜ合わせてできたもの


蜂の巣は要塞プロポリス守られていますプロポリスは、細菌さえ殺すことの
できるもの。そして、特殊な部位から取られたもの。刺激的な物質も含まれている
のではないかと、以前から思っていました。

プロポリスをネットで検索すると健康食品業者であろう側のサイトが沢山出て
その効果を謳っています。本当に知りたい情報が出てきません。(広告料を
払っているか否かでも上位に来るかどうかが決まるのではないでしょうか?)
それで、皆さん良いもの、免疫力を高めるものと信じて使っておられるようです
ある情報では、日本だけで盛んに利用されているとか?海外のサイトでは
propoliceは、インターネットの用語として?(ウイルスに対するもの?)沢山出てきます。

日本の政府機関が良い情報を出していました健康食品」の安全性・有効性情報
と題するものです。

個々の違い今後の研究によっての評価の変化は考えられるが、
現在の時点で、効果を確認できていないとあります。それに反して、被害?が、
多々載せられています
。ご自身でよくお読みになることをお勧めします。

喘息のある人には、禁忌妊娠中授乳中避ける内服でもアレルギー反応
口内炎外用でも接触皮膚炎が、多発している。短期の使用でも肝機能障害
急性腎障害
などの重篤な症状も出ているようです。(詳しくは直接その機関の
情報をご覧ください。実例が挙げられています。)

円形脱毛症!その症状は衝撃的です!思いもよらないことが、起きてしまいます。
しかし、3-4ヶ月すれば一部に発毛が始まり、7-8ヶ月全体を覆いつくす場合が
多いのです。

今ある治療法は、危険なものばかりです。その治療というものが、正常な発毛を
自然治癒を妨げている
のではないかと思っています。

どんどん髪が抜けていく時期は、とても辛いです。発毛が始まってもしばらく抜けますし、
生え始めても、円形に不規則に生えてくるのが、普通です。生え揃うのか心配です
それでも、生えてしまえば、危険な治療をしなかったことに、安堵します
うちの場合思い切った判断に驚きながらも従ってくれたその勇気に、感謝しています。

みなさんも、勇気を出して、しばらく治療をしないで、見てみませんか?
少なくとも、何の副作用も出てきません
個人的には、他に、治癒が期待できるものはないと思います。
治療しないno treatment)ことが、一番効果的だと思います

早期の治療を促す意見が、沢山出ています。発症から1年未満の方が
治療効果が高いと!しかし、ステロイドパルス療法での報告も
ナローバンドUVB療法の報告も、自然に治る可能性の大きい発症初期の人を
使って有効率を上げているだけ
で、その殆どが、自然治癒だと思えます。
本当の効果を測定してみる必要があります。長期に患っている人に効果がないことは
その治療自体に効果がないと言えるのではないでしょうか。副作用も凄まじいです。

良い睡眠をとり、体を冷やさない、動物性食品(畜産品)をとり過ぎない、
植物性食品を沢山とり、楽しいことをいっぱい考えて、行動に移す
そうすれば、特に健康食品など必要ないのでは?とも思っています。
posted by ららららら at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

円形脱毛症 光線治療?なぜか流行っています?U

先回記事にしました光線治療
ある掲示板で、子供さんの為にナローバンドUVBを始めたいとおっしゃっていましたが、
なぜ、今、光線治療なのか、よく理解できませんでした。しかし、ある記事で理解しました。
日本皮膚科学会の事前のプログラムには、載せられていなかったのですが、
今年の福岡の学会で発表された二つの研究についての意見でだったようです。
記事は実際に、現地で取材したもののようです。


 日経ヘルス 09年5月11日
第108回 日本皮膚科学会総会レポート
ナローバンドUVB
の照射で円形脱毛症が改善 副作用がなく発症1年未満の
有効率は高い


詳しくは、上の記事をお読みください。

名古屋市立大学付属病院の毛髪外来に通院した30名(男性13名と女性17名)
治療効果は、発毛面積50%を有効とした場合、有効率は約4割、罹患期間が
1年未満で、脱毛面積が少ないほど有効率が高かった。

順天堂大学皮膚科外来の28例(男性13名女性25名)
発毛が見られなかった9名を除いた19名に発毛が見られた。


他の掲示板に、「自分は病院に通い始めから光線治療を行っているが、本来は、
重症の人に行われるものなんですか?」と驚いている人がいましたが、罹患した
ばかりの軽い症状の人にも、いつの間にか、これら治療が行われて、
有効率を上げている
のではないかと心配しています。

有効率40%と聞くと、完治した人4割いると勘違いしがちですが、そうではありません。
発毛面積が50%以上の人が4割いただけです。(この発毛面積が50%と言う表現も
何を指しているのか?よく吟味する必要があります。頭全体の50%に毛髪がある?
あるいは、脱毛した部分の50%に発毛した?他の研究からすると前者のようです。
ここでの正確な設定は判りませんが・・・。そうだとすると、脱毛した部分の面積は
僅かの場合も含まれます。)私たちが期待している完治には、程遠い状態を有効とする
確率が、さも素晴らしいことのように語られていたりするのです。よく調べてみましょう。

円形脱毛症は、一時的に生えたり、抜けたりを繰り返しますから、その治療の
有効性の判定は、とても難しいです。脱毛から3ヶ月から6ヶ月に自然発毛が始まり
9ヶ月から1年で生えそろう人が、大多数です
罹患期間が1年以内の人が多く含まれているなど意識的に良い結果の出そうな人を
選んで、調査が行われる場合もあります。

こちらは、名古屋市立大30人、順天堂大28人の例です。順天堂などには多くの
患者がいるはずですから、どのようにこの30人が選ばれたのか、判ると良いですね。
様々な治療を行っているようです。それらは、どのような結果になっているのか?
かなりの数の患者が通ってるはずです。これは、その中の僅か。

無作為の偽薬を用いた長期的な追跡調査を行っている治験が、信頼できます
しかし、世界的調査でも、そのような治療で安全で有効なものは、未だありません
(光線治療の場合は偽薬ではできませんが・・・何かそれらしい形で?できるでしょう)

副作用についても、日本の場合、明確に書いていないことが多いです。白斑治療
使われているナローバンドUVBについて先回の記事では、まだらな火傷の色が、
付くことを書きました。白斑の場合には、色が付くことが望まれていることですが、
円形脱毛症では不要な副作用です。がんが発生する危険な波長ではないと
されていますが、皮膚へのダメージが、他のものを引き起こす可能性があります。

早急に、新しい治療に飛びつくのではなく、慎重に行動することをお勧めします。