2007年11月25日

直感的な考え!個人的な考えですが!

子供が、円形脱毛症になって、初めてこの病気を知りました。
兄のクラスに、その様な方がいて、いつも帽子をかぶっている様子でした。
部分的な脱毛が、移動する感じでした。
次々と、ほとんど頭皮全体髪が抜けることは、全く知りませんでした。

ネットで様々に検索して、個人的感じることがありました。
それは、”脱毛は、正常な免疫の働き なのではないか”ということです。
あまりにも驚くべきことで、心まで深く傷つきましたが・・・・。
厳寒の冬山で、体温を守るため、命のため、先端には、
血液が届かないようになる。凍傷とは、そのように免疫が働くこと なのだと
聞いた時、更に確信しました。

毎日の緊張した生活!夜遅くまで眠れぬまま、また朝、出かける!
そんな生活に対しての体からの警告だったのではないかと!
アトピーもあり薬剤も使ってきました。染毛もしていました。
それらが、蓄積されて、限界にまで達していたのかもと。

自己免疫病気と言われているアトピーリウマチ膠原病
ついても調べ感じました。
ステロイドは、免疫抑制剤です!
副作用は、体毛が生えることだと、膠原病の人も言っています。
毛は生えるが、免疫正常な作用破壊されていくのではないかと。

それで、子供には、ステロイドは、使わないでと伝えています。
長い間のカツラ生活!辛いですが、しばらくは、このまま生活を整える!
賛成できない方も多くあるかと思います。わたしの個人的な考えです。
同じ考えの方もちらほら見つかっています。とてもうれしく感じました。

食生活でも添加物が溢れています。
普通の生活の中で、薬剤一杯使われています。
現代病と言われて、昔は無かった病気です。

ステロイドを使う前に、こんな考えもあること を思い出して欲しいです。




posted by ららららら at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

AAの子供を奮い立たせる為に知るべき事

NAAFの記事を案内しています。

school pack Section1 1B
AAの子供を奮い立たせるために知るべき事柄
克服するよう助ける
小児皮膚科医Nancy Easterlyは、AA円形脱毛症)を扱う子供たちを
助ける上での提案を述べている。

気分が悪い時は、泣いても良いと、子供に伝えましょう。それでも、
泣いた後は気分を取り直して、心地良くなることをしなさいと言いましょう。
●次のように説明しましょう”たぶん、あなたの髪の毛は無くなるでしょう。でも、
私達すべてには、人生で、克服すべきことがあります
他の子には他の問題があるものです

AAは、あなたにとって少し難しいかもしれない。みんなにあなたの問題が、見えて
みんなが、知っているから。でも、それは、あなたが、強い大人になるように
助けてくれます。また、あなたをより良い人にします。
なぜなら、物事がうまく行かない時に人がどの様に感じるかをあなたは、
理解しているから

●あなたが、自分の子供にこの様なことを言うのが難しいなら、子供の克服を
 助けるためにカウンセリングを探すことを恥ずかしいと思わないでください。
AAの子供は、これから何が起こるかを簡潔な言葉で、
 はっきりと知る必要があります。

親は、問題について議論しないことで子供をいたわっていると考える
かもしれません
。しかしながら、率直に話すことを避けることによって
実際、恐らく、更に大きな気がかりを作っているのです

●先生方や父兄は、からかいは、不適切であることを他の子に思い起こさせ
 AA円形脱毛症について子供たちに教育する必要があるのです。


親として

わたしの息子は、汎発性円形脱毛症です。15歳になる前の6年間は髪の毛が
ありませんでした。その前は、軽い円形の脱毛症でした。
初めの何年かは、いろいろな医者に会うためにに時間を費やし、その状態が
何なのか、状態を良くするため彼らに何かできるのでないかを考えだすよう
時間を使いました。
円形のパッチ(はげ)が、いくつかある頃は、コルチゾン注射をしていました。
それは、髪の毛を再び生やしましたが、その後、他のパッチが広がっていきました

髪の毛がなくなってからアンスラリンを使いました。それは、使った時に、
彼の頭皮を敏感にしましたが、髪の毛を生やすことはありませんでした
そのようでした。彼には、毛がありませんでした。

最初の数ヶ月は、彼にとって、とても難しい時でした。
彼は、ヘアーピースを着けようとしました。彼の年相応には、見えず
心地良いものでないと判断し、親族の結婚式で一度着けただけです。

学校では、子供たちが、彼をからかいました
一度、校長が、葬式で敬意を表すために彼の帽子を取って欲しい
言ったことがあったが、幸いなことに、誰かが彼の為に思い切って
口を開き、必要ないと言ってくれました

毛を失ってから長い年月が経ちますが、彼は、自分自身に自信を持っています。
円形脱毛症AAの人々の為のスポークスパーソンとして地方紙や、テレビに
出ました。わたしは、彼のことをとても誇りに思っています
長い道のりを毛の無い状態でよくやってきました。

子供に毛があっても、無くても、ただ彼あるいは彼女の方法大丈夫親が
感じることが
一番重要なことだと、信じています。親がそのことについて
感じていることを子どもがどのように考えるかによって、子供の自身の意見は、
形作られるからです

子供がダメージを受けているとか、本来あるべき方向でないなどと親が
ほのめかすなら、子供は同じ感情を取り入れてしまうのです

すべての人ユニークで、何かの点で、互いに違っています
髪の毛が戻ってくることだけが、すべてがうまく行くことだと感じるなら
長い間失望したままでいる可能性が、高くなります

髪の毛が、戻ってくれば、素晴らしいことです。
しかし、再び抜けてしまうかもしれないのです。
とても予測できない何かが起こるよう期待し、考慮に入れるならば
自尊心は、ダメージを受けるでしょう

地元のサポートグループを探して子供と一緒に参加するのはどうでしょう?
隔月行われる”night out toghether"(”夜一緒に出かけよう”)は、
わたしたちにとって特別の時です。(車で片道1時間かかりますが。)
ほとんどは大人ですが、子供もいますし、
普通の生活を送っている他のAAの人と会うことは彼にとって、
意義のある事柄です。

わたしたちは、サポートグループでかなりの数のAAの人に会いました。彼らは
それぞれの状況に直面しながらも、最良の状態になるよう放置しておく
のではなく
最善を得るように努力しながら、わたしたちを励ましや
ユーモアで奮い立たせてくれました